アジアや中東の料理店が蒲田界隈にぐぐっと集結。しかも、他では滅多に味わえぬ郷土料理から現地に思いをはせた日本流まで幅広し。異国の風情や温かみある人柄にも触れ、ひととき、海外を旅する気分が味わえるグルメをご紹介します。

新陳代謝爆上がり活力みなぎるネパール薬膳『アジアンダイニング ヒマラヤ』[池上]

特製チベットパン・セット1210円。15種のスパイスとハーブを配合したオリジナルのヘマ茶とダルスープはおかわり自由。
特製チベットパン・セット1210円。15種のスパイスとハーブを配合したオリジナルのヘマ茶とダルスープはおかわり自由。

「スパイスとハーブたっぷりだから、元気がモリモリ出るわよ!」とは、店主のヘマさん。故郷のネパール山岳地帯の村・ダンプスに伝わる家庭料理が名物だ。人気は、小麦粉とトウモロコシ粉、青バナナ粉を捏(こ)ねて揚げたチベットパン。かじりつくと、豊潤な甘みと香りがふわっ。3種の豆のダルスープや野菜のスパイス料理・タルカリなどの付け合わせも平らげれば、どっと汗が噴き出し止まらない!

ネパール稗(ひえ)の薬膳スープ1320円。野菜や豆たっぷりで、やさしい風味。
ネパール稗(ひえ)の薬膳スープ1320円。野菜や豆たっぷりで、やさしい風味。
ヘマさんと接客担当の増澤博昭さん。にっこり「ナマステ〜」。
ヘマさんと接客担当の増澤博昭さん。にっこり「ナマステ〜」。

『アジアンダイニング ヒマラヤ』店舗詳細

アジアンダイニング ヒマラヤ
住所:東京都大田区池上5-11-9 池上パスビル2 1F/営業時間:11:00〜15:00・17:30〜23:00/定休日:金/アクセス:東急電鉄池上線池上駅から徒歩5分

雑多な横丁で体感するアジアの風情と味『シンガポールバル Misakiya』[大森]

チャーシューワンタンミー800円は、平日昼は小ライス・スープが付く。
チャーシューワンタンミー800円は、平日昼は小ライス・スープが付く。

アジアに足しげく通うなか、店主の太田圭治さんはシンガポールでワンタンミーに出合った。「おいしいのに、日本では知られていない」と、看板に据えることに。プリッとコシのある特注細麺を、ナンプラーやオイスターソース、中国醤油などを合わせたソースで和え、豚出汁で煮たチャーシュー&ワンタンをオン。まろやかな香味がアテに最高だ。海南チキンライスのふくよかな芳香も捨てがたし。

低温調理の鶏肉とジャスミン茶で炊いたご飯の合わせ技・海南チキンライス(スープ付き)950円。平日昼は800円だ。
低温調理の鶏肉とジャスミン茶で炊いたご飯の合わせ技・海南チキンライス(スープ付き)950円。平日昼は800円だ。
地獄谷北端の赤レンガ建物で2017年に開店した。
地獄谷北端の赤レンガ建物で2017年に開店した。

『シンガポールバル Misakiya』店舗詳細

シンガポールバル Misakiya
住所:東京都大田区山王2-2-15 A-2F/営業時間:11:00〜14:00 ・17:00〜23:00/定休日:不定/アクセス:JR京浜東北線大森駅から徒歩1分

風を感じながら満喫する南の島『the transit tokyo -warung bali-』[蒲田]

手前から、バリ島フライドチキンのアヤムゴレン680円、ルンダン880円。ボトルビールのビンタン680円。
手前から、バリ島フライドチキンのアヤムゴレン680円、ルンダン880円。ボトルビールのビンタン680円。

「バリ島ではイタリアンやフレンチも人気です」と、オーナーの西村寛幸さん。居住歴のある妻や友人、バリ島好きが集まれるよう、2019年に開店した。腕を振るうのは姉妹店の伊シェフ・石川貴士さん。バリ島弾丸ツアーで舌に覚えさせ、痛烈な辛味のサンバル、脂を極力抜いた牛肉ココナッツミルク煮のルンダンなど、伝統の味を日本人好みに洗練。扉を開け放った心地いい空間でゆるり味わいたい。

『the transit tokyo -warung bali-』店舗詳細

the transit tokyo -warung bali-(ザ トランジット トーキョー ワルン バリ)
住所:東京都大田区西蒲田7-64-5 長井ビル1F/営業時間:12:00〜22:00LO/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩3分

彩り豊かな味のハーモニー『VEGE AND SPICE KANNA』[京急蒲田]

カンナスペシャルプレート1050円。ライスの上の豆のせんべい・ パパダンは砕いて食感をプラス。総菜は、赤タマネギのアチャールなどの6種に加え、サラダも添えられている。
カンナスペシャルプレート1050円。ライスの上の豆のせんべい・ パパダンは砕いて食感をプラス。総菜は、赤タマネギのアチャールなどの6種に加え、サラダも添えられている。

「スリランカは島国だからか、食材と調理法が日本と似ているんです」とは、シェフのナラヤナンさん。プレートには、青菜の鰹節(かつおぶし)和えや春菊のサンボールなどの総菜がズラリと並ぶ。合わせるカレーは甘口のポテト、中辛のチキン、辛口のエビの3種。まずは総菜とご飯を。次にカレーをちょいがけ。最後は全てを混ぜ込む。塩味や酸味、甘み、辛味と、次から次へと変化する多彩な味に、笑みがこぼれる。

ナラヤナンさん。
ナラヤナンさん。
テイクアウトも可。
テイクアウトも可。

『VEGE AND SPICE KANNA』店舗詳細

VEGE AND SPICE KANNA(ベジ アンド スパイス カンナ)
住所:東京都大田区蒲田4-18-8 イドヤビル1F/営業時間:11:30〜14:00LO・17:00〜22:30LO(持ち帰りは11:30〜14:00LO)/定休日:月/アクセス:京急電鉄京急蒲田駅から徒歩1分

ひと口で広がるスパイスの芳香『Zaika』[糀谷]

マトンビリヤニ800円とシークケバブ600円。ビリヤニはヨーグルトで味変も◎。
マトンビリヤニ800円とシークケバブ600円。ビリヤニはヨーグルトで味変も◎。

「現地の味を日本の人々の口に合うよう、アレンジしました」とは、店主のナイムさん。人気のビリヤニは、深鍋に米とカレーを何層も重ねて炊く。パラパラのご飯を頬張れば、コリアンダー、クミンなどの香りに、ショウガ、シシトウのなじみある風味が加わり後を引く。また、練り込んだひき肉をタンドール釜で焼いたシークケバブも外せない。肉の食感と鼻腔を抜けるスパイスがやみつきになる。

ナイムさん。クロスや椅子に柄物を使い、パキスタンの風情を再現。
ナイムさん。クロスや椅子に柄物を使い、パキスタンの風情を再現。
シークケバブ、一丁焼き上がり! 
シークケバブ、一丁焼き上がり! 
以前は雑色近くで営むも都市開発で閉店。2015年にこの地で再出発した。
以前は雑色近くで営むも都市開発で閉店。2015年にこの地で再出発した。

『Zaika』店舗詳細

Zaika(ザイカ)
住所:東京都大田区南蒲田3-2-6/営業時間:11:00〜14:00・17:00〜21:30/定休日:水/アクセス:京急電鉄空港線糀谷駅から徒歩2分

上質な食材と技のオンパレード『中国料理 くろさわ東京菜』[大森]

日替わりランチ1700円(写真の主菜は春雨)。ご飯、スープ、前菜2種、小鉢2品(3品は+250円)、仙草ゼリー、ジャスミン茶付き。
日替わりランチ1700円(写真の主菜は春雨)。ご飯、スープ、前菜2種、小鉢2品(3品は+250円)、仙草ゼリー、ジャスミン茶付き。

豊洲仕入れの天然魚に農家直送の有機栽培野菜、釧路産ジビエ、花巻直送キノコなど、食材は上質の極み。店主の黒澤篤也(とくや)さんはイタリアン出身だが「気付けばまかないは中華ばかりで」と宗旨替え。舌触りやフレッシュ感を大事にする伊料理の技を用いつつ、甲殻類の出汁にフカヒレスープを合わせるなど、旨味のるつぼに心躍る。しかも、油量は通常の2割ほど。その心遣いがやさしい余韻を呼ぶ。

「中華屋さんぽくしたくなかった」と、清楚で品ある風情に。
「中華屋さんぽくしたくなかった」と、清楚で品ある風情に。
黒澤さんと話し好きで気配り上手な林雅青(リン・ヤーチン)さん夫妻。
黒澤さんと話し好きで気配り上手な林雅青(リン・ヤーチン)さん夫妻。

『中国料理 くろさわ東京菜』店舗詳細

中国料理 くろさわ東京菜(ちゅうごくりょうり くろさわとうきょうさい)
住所:東京都大田区山王2-36-10
/営業時間:11:30〜13:30LO(土・日・祝は〜14:30LO)・18:00〜20:00/定休日:月・火/アクセス:JR京浜東北線大森駅から徒歩9分

パリッパリのパンと具の香味に魅せられる『Hung's Kitchen』[蒲田]

豚のチャーシュー・バインミー750円はイートインも可。パクチーの増量、抜きなどにも応じる。
豚のチャーシュー・バインミー750円はイートインも可。パクチーの増量、抜きなどにも応じる。

8席ほどの小さな店が2021年2月に開店。腕を振るうのは、ベトナムのホーチミンで育ったトラン・ホンさんだ。イタリアンにフレンチ、居酒屋、インターナショナルスクールのシェフなどの経験を糧に「自分が食べたいバインミーを」と発奮。パンは外パリパリ、中ふんわり。大根とニンジンの酢漬けの食感とまろみ、パクチーの香り、チリの辛味が渾然(こんぜん)一体だ。食後に追加で持ち帰る人も多い。

週末ランチセットAはイートインで。鶏とレモンの香味に驚嘆するフォー、 皮モチモチの生春巻き、仙草ゼリー付きで1180円。
週末ランチセットAはイートインで。鶏とレモンの香味に驚嘆するフォー、 皮モチモチの生春巻き、仙草ゼリー付きで1180円。
蒲田の人たちを愛するホンさん。「平日昼はバインミー&フォーセットあります〜」。
蒲田の人たちを愛するホンさん。「平日昼はバインミー&フォーセットあります〜」。

『Hung's Kitchen』店舗詳細

Hung's Kitchen(ホンズ キッチン)
住所:東京都大田区西蒲田7-5-3 かわりやビル1F/営業時間:11:00〜21:00(日は〜15:00)/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩3分

取材・文=佐藤さゆり、高橋健太(teamまめ) 撮影=加藤熊三、高野尚人、山出高士