2021年10月リニューアルオープンの日帰り温泉施設。純和風の建物で、温泉旅行に来た気分が味わえる。露天で入れる温泉浴槽の熱の湯が人気だが、最大の魅力はサウナと岩盤浴だ。3種類の個性的なロウリュを中心に、楽しみ方をたっぷり紹介しよう。

黒い壁に赤い暖簾がシック。落ち着いた外観。
黒い壁に赤い暖簾がシック。落ち着いた外観。

古民家の雰囲気を持つ設えと、天然温泉の熱の湯

風情のある中庭に面した渡り廊下を通って浴室へ。
風情のある中庭に面した渡り廊下を通って浴室へ。

施設のある場所は、閑静な住宅地である佐倉市染井野の一番奥。とても静かで、時折鳥のさえずる声が聞こえた。手入れの行き届いた庭の緑も美しく、まるで高級旅館に来たような気分だ。真っ赤なのれんをくぐると、館内は大きな梁が印象的な古民家風。しっとりと落ち着いた造りに気分が和らぐ。

露天風呂エリアには4つの浴槽と、外気浴にピッタリのととのいデッキがある。
露天風呂エリアには4つの浴槽と、外気浴にピッタリのととのいデッキがある。

温泉の泉質は含よう素-ナトリウム-塩化物強塩泉。少し褐色でなめるとかなりしょっぱい。この塩分が肌を覆うため体温を逃さず、血流がよくなる。冷え性に効く熱の湯として評判だ。塩の殺菌力は保湿効果もあるので、ぽかぽかとすべすべの両方が手に入るのがうれしい。

源泉かけ流しで、早朝のさわやかな風を満喫

竹林に囲まれた岩風呂。温度は41℃くらいなので、熱すぎずぬるすぎずちょうどいい。
竹林に囲まれた岩風呂。温度は41℃くらいなので、熱すぎずぬるすぎずちょうどいい。

朝7時から入館できるのもうれしいポイント。ぜひ、さわやかな朝の空気の中、自慢の温泉を注ぐ岩風呂に入ってほしい。青々とした竹林を背景に、源泉かけ流しの湯気がふんわり。BGMは笹の葉がさらさらと揺れる音。なんとも清々しく癒やされるひとときだ。

露天エリアでは、岩風呂以外にも温泉が楽しめるくつろぎの湯と寝ころび湯のほか高濃度炭酸泉があり、屋内の浴室には温泉の大浴槽、ジェットバス、バブルバス、水風呂とバリエーション豊かに楽しめる。

また、浴室内の水は超軟水を使用。たしかに石鹸の泡立ちがよく、髪の毛を洗ってもキシキシしないように感じた。肌もほのかにしっとりしたような気も。こちらも体験してみてほしい。

露天エリアにある高濃度炭酸泉。温度は38〜39℃とぬるめだが、高濃度の炭酸ガスでとても温まる。
露天エリアにある高濃度炭酸泉。温度は38〜39℃とぬるめだが、高濃度の炭酸ガスでとても温まる。

いよいよサウナ&岩盤浴へGO。500円の有料エリアは確実にオススメ!

『LeLu』とはフィンランド語で「おもちゃ」のこと。岩盤浴衣・敷きマット付き500円の有料エリア。
『LeLu』とはフィンランド語で「おもちゃ」のこと。岩盤浴衣・敷きマット付き500円の有料エリア。

追加料金が必要な着衣型エリア『LeLu(レル)』にはセルフロウリュのサウナ、サウナ+岩盤浴のミュージックロウリュ、岩盤浴がある。

入館料のみで入れるエリアにはドライサウナとスチームサウナがあり、これだけでも十分満足できるが、珍しいロウリュや岩盤浴、漫画がラウンジで存分に楽しめて500円なので、ゆっくり堪能するならばぜひ『LeLu』を体験したい。まずは珍しいロウリュの紹介からはじめよう。

きらめくライトにノリノリ音楽。ミュージックロウリュは新感覚エンターテインメントだ

音楽に合わせて7色のライトが揺れる。
音楽に合わせて7色のライトが揺れる。

部屋に入ってみると、ふつうの岩盤浴が並んでいた……。のんびり寝っ転がって始まる時間を待つ。と、それまで穏やかだった雰囲気は急に一変。派手なステージライトと音楽がオン!老若男女どの世代でも楽しめる、さまざまな年代のJ-POPや洋楽に合わせて天井から熱風が吹き荒れる!ヒーリング音楽で、ふんわり癒やしに来ると思っていたからまったくの予想外だ。爆音ノリノリの音楽に合わせて風はますます強くなっていく。徐々に慣れてきたのか妙にテンションが上がる!もっと風よ吹け!熱くなれ〜!!

終わってみると、ドキドキしていて「熱さを我慢する」という感覚は忘れていたが、汗はだくだく。新しい形の健康エンターテイメントなのかも……。

セルフロウリュとアロマイス。それって一体どんなもの?

ほんわかかわいいストーンの奥にある球体がアロマイス。
ほんわかかわいいストーンの奥にある球体がアロマイス。

『LeLu』内の「セルフロウリュ 蒸香(じょうこう)の間」は、その名のとおり自分でストーンに水をかけることができるロウリュだ。熱されたストーンに備え付けの桶で水をかけると、ジュワワワワっという音とともに勢いよく蒸気が湧き出る。真っ白な湯気は湿気があるので驚くほど熱い!なかなか刺激的だが、熱気は上の方にたまりがち。ここは熱波師のように、自分のタオルで空気をかき混ぜてみよう。これこそまさに「セルフロウリュ」体験だ。

もう一つ必ず試してほしいのがアロマイス。アロマのエキスを冷凍したアイスボールで、北海道上富良野産のヴィヒタ(白樺)配合のほか、静岡県の掛川産ほうじ茶と南アフリカ産のルイボスティが週替わりで提供されている。今後、新しい香りが登場するかもしれないので要チェックだ。

アロマイスは、給水器の隣の「アロマセルフロウリュ」と書かれた冷凍庫中に入っているので好きなものを皿に取り、サウナストーンの上に置き、上からざばっと水をかける。するとヴィヒタのさわやかな香りが蒸気に乗って充満!体の中が浄化されるようないい香りと熱さでとてもリフレッシュできる。

漫画もたっぷり♪ゆったり楽しめる『LeLu』内のラウンジ

漫画は入り口付近にも多数。
漫画は入り口付近にも多数。

『LeLu』にはもう1つ「石癒(いやし)の間」という岩盤浴もある。一般的な岩盤浴だが、漫画やスマホの持ち込みが可能なのがうれしい。ラウンジに用意されている漫画を持ち込むのもOKだ。

しゃれたソファのあるラウンジでひと休み。コーヒーやお茶、そしてマッサージチェアも無料で使用できる。サウナや岩盤浴とラウンジを何度でも楽しめる。これで追加500円ならかなりお得だ。

『LeLu』内の「クールルーム 涼みの間」。キンキンに冷えていると評判。素早くクールダウンできる。
『LeLu』内の「クールルーム 涼みの間」。キンキンに冷えていると評判。素早くクールダウンできる。

浴室側にもロウリュあり!こちらのサウナも見逃せない

真っ赤なライティングが気分を盛り上げる。
真っ赤なライティングが気分を盛り上げる。

浴室内にある2つのサウナも紹介しよう。

1つはドライサウナの「熱風オートロウリュサウナ」。おおよそ15分ごとに稼働。1回3分ほどだが、かき混ぜられた熱気はさすがに熱め。4段のタワー型なので、好みに合わせた高さで無理せず楽しめる。

よもぎ泥塩サウナ。ヨモギの香りが充満していた。
よもぎ泥塩サウナ。ヨモギの香りが充満していた。

もう1つは「よもぎ泥塩サウナ」。写真のとおり、蒸気の量がかなり多く熱気ムンムン。ヨモギの香りが鼻に抜けてさわやかだ。顔用のミネラルを豊富な泥パックと全身用の塩が用意されている。たっぷり塗り込んでしばし待っていると、なんだかよもぎ餅になって蒸されている気分……。しばらくして洗い流してみると、びっくりするくらい顔はもちもち、体はつるつるに。汗が出やすいようにも感じたし、すっきり心地よかった。

外気浴でととのった後は、テラスでバケツジンギスカンを

寛げると評判の、ととのいデッキ。
寛げると評判の、ととのいデッキ。

サウナや岩盤浴の後はやっぱり外気浴。岩風呂の近くに置かれたととのいデッキは屋久島地杉でできていて、香りもさわやか。広い空を見上げれば、開放感に心も体もリフレッシュできる。

岩手県遠野式バケツジンギスカン1人前1480円。テラス席のみ、2人前以上から提供。
岩手県遠野式バケツジンギスカン1人前1480円。テラス席のみ、2人前以上から提供。

サウナの後はお腹が空くもの。館内のお食事処『旬菜亭』で人気なのが「岩手県遠野式バケツジンギスカン」だ。野外で簡単にジンギスカンができるため、遠野では七輪ではなくブリキのバケツが定番アイテムだそう。風呂上がりにテラス席でビールを飲みながら、ラム肉と野菜がたっぷりのジンギスカンが楽しめるなんて最高だ。

疲れた体にエネルギーを補給した後は、もう一度さっと風呂に入って帰る。丸一日ゆったりと贅沢な時間を過ごすことのできる施設だ。

『旬菜亭』の内観。窓が大きく、四季折々の庭の風景が楽しめる。
『旬菜亭』の内観。窓が大きく、四季折々の庭の風景が楽しめる。

佐倉天然温泉 澄流(さくらてんねんおんせん すみれ)
住所:千葉県佐倉市染井野4-7-3/営業時間:7:00〜24:00/定休日:3月・6月・9月・12月の第2木曜日/アクセス:京成電鉄京成臼井駅から染井野南行きでバス地区センター下車徒歩3分

取材・⽂=ミヤウチマサコ 画像提供=佐倉天然温泉 澄流