鶴見川沿い、新鶴見橋の袂に立つ『RAKU SPA 鶴見』は、極楽湯グループが手がける新ブランドのスーパー銭湯。自慢は15種類の風呂とサウナ、6種類の岩盤浴を基本の入浴料金で丸っと楽しめること。コストパフォーマンスも良く、充実設備が評判の施設を紹介する。

選べる館内着で、楽しさ爆上がり!

JR鶴見駅から送迎バスに乗ること約10分。鶴見川沿いに、オレンジ色の外壁が印象的な『RAKU SPA 鶴見』が見えてくる。建物前にはとてつもなく広い駐車場があり、その向こうは鶴見川がゆうゆうと流れる開放的な眺めで、ちょっとした旅気分を感じさせてくれる。

送迎バスはJR鶴見駅のほかに、川崎駅と武蔵小杉駅の3駅から、およそ1時間に1本程度、1日に10~14本ほど運行しているから電車で行くのも便利だ。

4階建ての1階フロアが受付となっており、中央にあるフロントでリストバンドと館内着引換券を受け取る。館内着は、なんと5種類の模様から好きな柄を選ぶことができ、「赤いのもかわいいけれど、白地に紺色と赤い花模様のような館内着もいいな」と、あれこれ迷ってしまうが、それもまた楽しみの一つ。

効果も多様で、遊ぶと楽しむ要素満載のお風呂

「電気の湯」は、押す・揉む・たたくの効果が得られる。
「電気の湯」は、押す・揉む・たたくの効果が得られる。

2階の大浴場には、男女別に15種類の風呂とサウナが備わり、湯めぐりが楽しみだ。内湯には「炭酸の湯」や「流泡の湯」、女湯のみある「日替わり超軟水の湯」など、全身の血流を促したり、マッサージ効果が得られる湯船がたくさん。休憩を挟みつつ、ここはじっくり試してみよう。

気泡がはじけることで発生するマイナスイオン効果を得られる「美泡の壺湯」。
気泡がはじけることで発生するマイナスイオン効果を得られる「美泡の壺湯」。

広く、どこかの邸宅の庭園のような露天風呂には、全国的にも珍しい「弱酸性硫黄の湯」や浴槽が船形になっている「絹の湯船」など、五感をフルに使って楽しめる湯船が配される。

最初は、酸性の湯に硫黄成分を溶け込ませた人工温泉「弱酸性硫黄の湯」でその効果を試すことにした。肌に滑らかで、つるすべになるだけでなく、ほんのり硫黄も香り、癒やし効果絶大! 周りに植栽された緑や抜けるような空で、より開放感を得られ、温泉旅行気分を満喫させてくれる。

夜にはLEDライトの青い光りが癒やしてくれる「泡々の湯」。
夜にはLEDライトの青い光りが癒やしてくれる「泡々の湯」。

マンガ読み放題!?休憩スタイルで選べるエリア

コミックコーナーとくつろぎ空間の「ツリーブレイクガーデン」。
コミックコーナーとくつろぎ空間の「ツリーブレイクガーデン」。

身体が十分に温まったら、一度目の休憩をとろう。3階には2万冊以上ものコミックが読み放題の休憩スペースをはじめ、リクライニングチェアーが並ぶ休憩ラウンジ、200種類以上のメニューが用意される「レストラン WA Dining 楽」や「Cafe&Bar BARAKU」などが備わる。

ゴロゴロと横になって休みたいと思いつつ、あの話題作はあるかな? 懐かしい本があるな〜とマンガを手に取って読みふけっているうちに、アッという間に時間が経過してしまった。次は、岩盤浴へと向かう。

個室感も得られ、「Cafe&Bar BARAKU」で購入した商品も食べられる「くつろぎスペース」。
個室感も得られ、「Cafe&Bar BARAKU」で購入した商品も食べられる「くつろぎスペース」。
「レストラン WA Dining 楽」では、生ビール583円やポテトフライ352円などを味わえる。
「レストラン WA Dining 楽」では、生ビール583円やポテトフライ352円などを味わえる。

空間によって香りも異なる岩盤浴

温度を低めに設定し、子どもも同伴で楽しめる「輝の房(かがやきのぼう)」。
温度を低めに設定し、子どもも同伴で楽しめる「輝の房(かがやきのぼう)」。

岩盤浴も3階にあり、館内着を着ての利用となる。6種類の部屋があるだけでも驚くが、各部屋で異なる演出は、もはやアトラクションといってもよいだろう。本格的なプラネタリウムの部屋や幻想的なキャンドルの灯りの部屋など、それぞれに違った癒やしの時間を提供してくれる。

美肌を求めて最初に試したのは「轟の房(とどろきのぼう)」。天然ミネラルを含み、皮膚の老化やアトピーなどの肌トラブルを防ぐ効果があるという岩塩を使用している。寝転んでいるだけでマイナスイオンを浴びることができて、身も心も浄化されているような不思議な感覚を得られる。

気持ちを安定させ、イライラを鎮める効果があるというアメジストを配した「艶の房(つやのぼう)」。
気持ちを安定させ、イライラを鎮める効果があるというアメジストを配した「艶の房(つやのぼう)」。

まだ半日も過ごしていないのに、岩盤浴ですっかり毒気を抜かれ、身も心も緊張感から解放されているのに気付く。

しっかり水分補給をとり、2度目の休息を挟みつつ、次はどのお風呂に入ろうか、それとももう一度岩盤浴にしようかとワクワク感が止まらない! 入浴も入浴後の楽しみ方も一つではない、お風呂のエンターテインメント施設が評判なのも納得がいった。

RAKU SPA 鶴見(らくすぱつるみ)
住所:神奈川県横浜市鶴見区元宮2-1-39/営業時間:10:00〜翌2:00(最終受付翌1:00。金・土・祝前日は〜翌8:00、最終受付翌1:00。土・日・祝の朝風呂は6:00〜8:00、最終受付7:00)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄鶴見駅から車10分(送迎バスあり。JR川崎駅、またはJR南武線武蔵小杉駅の各駅からも送迎バスあり)

取材・文=千葉香苗 写真=RAKU SPA 鶴見