高層ビルが建ち並び、ビジネスパーソンをはじめ多くの人が集まる国内屈指の繁華街・新宿には、飲食店もひしめきあう。ディナーでは敷居が高くても、ランチでなら足を運んでみようと思えるお店も。新宿の高級店から大衆酒場まで、コスパの高いランチが食べられる18店をご紹介!

【フレンチ、カレーに、イタリアン。そして日本生まれの洋食!】

玉ねぎ丸々1個たっぷり使ったスパイスカレー『curry草枕』

新宿三丁目駅から徒歩1分。ビルの2階にある店へ続く階段に長い行列ができるほど、多くの人が通い詰めるカレー店。店主は北海道大学時代、札幌のスパイスカレーの名店に通いつめ、自作スパイスカレーにのめり込んだ。大学卒業後、一旦は就職したものの、アフリカやインドなど一人旅に出ては、その土地のスパイス料理を食べ歩きいて経験を積み、独自のスパイスカレーを生み出す。
こだわりのスパイスは香り重視でブレンドしたスパイスと辛味スパイス。辛さも調整可能で、1番2番が普通の辛さ。店主オススメは7番。
すりおろし玉ねぎ、トマト、塩、油を煮込んだベースとスパイスを合わせ、香りが立つように一杯一杯丁寧に仕上げる。「1皿に玉ねぎ1個分入ってます」というカレーは、小麦粉を使わず、じっくり熱した玉ねぎのとろみでまろやかな食感。一度食べたら忘れられない味だ。

なすチキン980円。自家製ヨーグルトで作るラッシー250円を添えれば、辛さ7でもいけそう。
なすチキン980円。自家製ヨーグルトで作るラッシー250円を添えれば、辛さ7でもいけそう。
ブレンドしたスパイス。爽やかな香りと辛さ、旨味が絶妙なバランス。
ブレンドしたスパイス。爽やかな香りと辛さ、旨味が絶妙なバランス。
広々とした空間にカウンター、テーブル、ソファ席など20席。
広々とした空間にカウンター、テーブル、ソファ席など20席。

『curry草枕』店舗詳細

curry 草枕(かれー くさまくら)
住所:東京都新宿区新宿2-4-9 中江ビル2F/営業時間:11:00〜14:30LO・18:00〜19:40LO/定休日:無/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅、地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩3分

本格的なメキシコ料理が手軽に楽しめる『MEXICAN DINING AVOCADO』

新宿三丁目の一角で異彩を放つ極彩色空間で、気軽に本場のメキシコ料理を楽しめる店。現地の料理を再現しながら日本人の味覚に合わせたメキシコ料理が大人気。
ランチに出されるタコスプレートは、ワンプレートの上にお皿が見えないくらいに盛られているサラダ、アボカドにパクチー。それにチキン、フィッシュ、ポークの三種類の肉を好きに組み合わせて楽しめる。
別皿にトルティーヤが三枚。「このトルティーヤにはこだわりがあってもちろん手ごねの自家製です。本当にいろいろ試行錯誤をして作り上げました。市販のものとは全然違います」と店長の久保田さん。
原色に囲まれた、とにかく明るくて、それでいてとても落ち着く空間。そしてそこでいただくメキシコ料理。すぐ下のある新宿の喧騒も忘れてしまうちょっと幸せな異空間だ。

こだわりのトルティーヤにお皿が見えないほど具材が乗ったタコスプレート1100円。
こだわりのトルティーヤにお皿が見えないほど具材が乗ったタコスプレート1100円。
建築家ルイス・バラガンの作品を参考に一面の壁をピンク色に。
建築家ルイス・バラガンの作品を参考に一面の壁をピンク色に。
見るだけで心が浮き立つ花に囲まれたド派手なテキーラメニュー。
見るだけで心が浮き立つ花に囲まれたド派手なテキーラメニュー。

『MEXICAN DINING AVOCADO』店舗詳細

MEXICAN DINING AVOCADO(めきしかんだいにんぐ あぼかど)
住所:東京都新宿区新宿3-9-4 増蔵ビル2F/営業時間:12:00〜22:00 LO(日・祝は11:30〜21:00 LO)、ランチは15:30LO/定休日:不定/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩3分

トスカーナ料理店『オステリア・イル・レオーネ』でちょっぴり贅沢

豊かな緑あふれる新宿御苑のすぐ近くにある、一軒家レストラン。ビジネス街ながら落ち着いた雰囲気で、フィレンツェやトスカーナ地方で学んだシェフが手がける本格料理がいただける人気のお店だ。
ランチのPranzo Bは1980円(要予約)。前菜盛り合わせは食べるのがもったいないくらいきれいな一皿。自家製のフォカッチャも添えられている。選べるパスタは2種類。この日はトマトソースのカラブリア風パスタをチョイス。ぷりっとした小エビにズッキーニやゴーヤを合わせ、旨味とほど良い辛味のソースが絡んだ夏らしい一皿だ。お好みでドルチェなどもプラスできる。
コースの最後を締めくくるエスプレッソにもこだわりがある。「イタリアで学んだ文化や料理、僕の大好きなイタリアをお客様に伝えたい」というシェフの本場トスカーナ料理を味わってほしい。

Pranzo B(前菜盛り合わせ、お好みのパスタ、エスプレッソ or 紅茶)1980円。
Pranzo B(前菜盛り合わせ、お好みのパスタ、エスプレッソ or 紅茶)1980円。
見た瞬間、食べて笑顔になる美しくおいしい、本日のドルチェ550円。
見た瞬間、食べて笑顔になる美しくおいしい、本日のドルチェ550円。
1階はカウンター10席、2階はテーブル20席。
1階はカウンター10席、2階はテーブル20席。

『オステリア・イル・レオーネ』店舗詳細

オステリア・イル・ レオーネ(おすてりあ いる れおーね)
住所:東京都新宿区新宿2-1-7/営業時間: 11:30〜14:30LO・18:00〜21:00LO(土はランチのみ)/定休日:日/アクセス:地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩1分、地下鉄新宿三丁目駅から徒歩5分

“本場”フランスの味にこだわる名店『クレッソニエール』でお気軽ランチ

2005年、新宿三丁目にオープンした『クレッソニエール』は、“本場”の味に誇りをもつフランス料理店。フランス人にも好まれる郷土料理は評判が高く、南フランスの本格的な味を求めて足しげく通う常連さんも多い。
昼時は、気軽にいただけるワンプレート料理(1350円〜)が好評。メインディッシュに、パン、サラダ、スープ、コーヒーがつく。平日限定の日替わりソテーは一番人気で、肉や魚にかかるソースの多彩なバリエーションはフレンチならでは。そのほか、1日20食限定の丸ごとトマトの肉詰めローストなど、6種類のランチメニューが並ぶ。
2021年、渋谷のフレンチの名店「コンコンブル」の閉店に伴い、『クレッソニエール』と合体。「コンコンブル」の特製オニオングラタンスープの人気は新宿店でも健在だ。2人の名シェフが揃いバージョンアップした『クレッソニエール』は、フランス伝統の味を守りながら、さらなる進化を遂げるだろう。

銀のトレイで運ばれてくるワンプレート料理。目の前でプレートの蓋が開く。
銀のトレイで運ばれてくるワンプレート料理。目の前でプレートの蓋が開く。
肉厚のトマトはジューシーで、中にはスパイスがほどよく効いた挽肉がぎっしり。
肉厚のトマトはジューシーで、中にはスパイスがほどよく効いた挽肉がぎっしり。
本場さながらのパリのビストロの雰囲気が漂う店内。
本場さながらのパリのビストロの雰囲気が漂う店内。

『クレッソニエール』店舗詳細

クレッソニエール(くれっそにえーる)
住所:東京都新宿区新宿3-4-8 京王フレンテ新宿三丁目B1F/営業時間:11:00〜15:00LO・18:00〜21:00LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄新宿駅から徒歩5分、地下鉄新宿三丁目駅直結

『イタリアンダイニング ばさら』で楽しむシェフこだわりのパスタランチ

新宿御苑前駅から歩いて5分のところにある『イタリアンダイニング ばさら』は気取ったところのない、誰でも気軽にイタリアンを楽しめるお店。派手さはないが、落ち着いた雰囲気の店内では、シェフが厳選した食材を使った、和食と融合したこだわりの創作イタリアンを楽しめる。
ランチパスタは3種類。ご飯もののシェフランチは2種類。パスタランチにはふわふわ食感が人気の自家製パン、自家製ドレッシングとシャキシャキ食感がうれしいサラダがつく。
「料理は食材選びが一番大切です」と語るシェフが自ら豊洲市場へ足を運び、旬の食材を見て選んで決めるランチメニューは、毎週月曜日と木曜日に変わるので、毎日通っても飽きることはない。メニューはfacebookでチェックできる。

ベーコン・丸茄子・新玉葱のトマトソース。自家製パンとサラダ付きで1050円。
ベーコン・丸茄子・新玉葱のトマトソース。自家製パンとサラダ付きで1050円。
パンは味わいと食感を楽しむためにエクストラバージンオリーブオイルでいただく。
パンは味わいと食感を楽しむためにエクストラバージンオリーブオイルでいただく。
落ち着いた街並みのなかにある『イタリアンダイニング ばさら』。
落ち着いた街並みのなかにある『イタリアンダイニング ばさら』。

『イタリアンダイニング ばさら』店舗詳細

イタリアンダイニング ばさら(いたりあんだいにんぐ ばさら)
住所:東京都新宿区1-27-2 ルミエール御苑1F/営業時間:11:30〜14:30LO・17:30〜22:00LO(土・日・祝は17:30〜22:00LO)/定休日:不定/アクセス:地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩5分

おいしくて幸せになれる日替わりランチ『洋食KOBAYA』

最寄り駅の新宿御苑前から徒歩5分の『洋食KOBAYA』。日替わりランチは1日2種類・880円。レパートリーは驚くほど豊富で、ビーフ、ポーク、チキン、季節によって変わる魚料理や、オムライス、ハヤシライスなどご飯ものもあり、毎日のように通う常連もいる。
一番人気は分厚いメンチカツ。ふわふわの千切りキャベツを添えられて、わずかにデミグラスソースのかかっていない衣が、サクッと心地よい音を立てる。たっぷりかかったデミグラスソースは、優しくて奥深い味わい。肉の旨味と混然一体となって、あっという間に胃袋に収まってしまう。ランチセットのカニクリームコロッケはどこまでもまろやかで、メンチカツと甲乙つけがたい。
オーナーシェフは、今や幻の名店となった四谷の「洋食エリーゼ」と築地場内の「洋食たけだ」で修業。どんなに忙しくても作り置きをせず、仕入れた食材はその日のうちに使い切るのが信条。ぜひ一度訪れてみたい名店だ。

メンチカツとカニクリームコロッケ、ライス、みそ汁、おしんこもついて880円。
メンチカツとカニクリームコロッケ、ライス、みそ汁、おしんこもついて880円。
サックサクの衣、奥深い味わいのデミグラスソース、至福のランチタイムがここにある。
サックサクの衣、奥深い味わいのデミグラスソース、至福のランチタイムがここにある。
靖国通りを北に曲がると見えてくる『洋食KOBAYA』。
靖国通りを北に曲がると見えてくる『洋食KOBAYA』。

『洋食KOBAYA』店舗詳細

洋食KOBAYA(ようしょくこばや)
住所:東京都新宿区富久町16-14/営業時間:11:45〜15:00LO・19:00〜20:30LO(ご飯がなくなり次第終了・土はランチのみ)/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩5分、地下鉄新宿三丁目から徒歩10分

【つやつや白米が決め手!和定食ならこの店】

西新宿『焼き魚とろろ専門店 ハラス屋』で希少なハラス焼きを味わう

ハラス焼きがウリの『焼き魚とろろ専門店 ハラス屋』では、宮城県女川港から直送される数々のご当地食材を扱っている。
昼夜ともに人気のハラス焼き定食は、マグロ・カツオ・サケの3種(1400円〜)。マグロとカツオのハラスは、都内の店ではなかなか食べることができない希少部位だ。1枚1枚丁寧に焼き上げるハラスは、身はふっくらジューシーで、皮はパリッと香ばしい。
定食はハラス焼きに、大和芋のとろろ、白米か十六穀米のごはん、みそ汁、しらす、ミニサラダまたは漬物、小鉢2品が付いて食べ応え満点。ハラス焼きは夜のみ単品で注文できるので、酒の肴にもおすすめ。
夜の献立には、金華サバの一夜干しや赤魚の塩焼き、穴子の白焼きもある。女川町の名産・ほやの料理を目当てに店にやってくるお客さんも多いそうで、宮城県のおいしいものがたくさん集まった魚焼き専門店で、夜は杯を傾けるのもいいだろう。季節になれば、宮城県産のサンマやかきも出てくるので、酒呑みの楽しみは尽きない。

マグロのハラス焼き定食1500円。ご飯は白米か十六穀米のどちらかを選べる。
マグロのハラス焼き定食1500円。ご飯は白米か十六穀米のどちらかを選べる。
こんがり熱々のハラスの香ばしい匂いに食欲をそそられる。
こんがり熱々のハラスの香ばしい匂いに食欲をそそられる。
新都心歩道橋のすぐそばにある雑居ビルの2階。電子看板のメッセージにも注目。
新都心歩道橋のすぐそばにある雑居ビルの2階。電子看板のメッセージにも注目。

『焼き魚とろろ専門店 ハラス屋』店舗詳細

焼き魚とろろ専門店 ハラス屋(やきざかなとろろせんもんてん はらすや)
住所:東京都新宿区西新宿7-11-2 ASP西新宿ビル2F/営業時間:12:00〜15:30LO・18:00〜22:30LO(土・日・祝は11:30〜15:30LO・18:00〜22:30LO)/定休日:無/アクセス:JR新宿駅、地下鉄大江戸線新宿西口駅、地下鉄丸ノ内線西新宿駅、西武新宿線西武新宿駅から徒歩5分

『新宿割烹 中嶋』でお得な昼定食で絶品イワシ料理を堪能

JR新宿駅に程近い東口エリアに店を構える1962年創業の老舗『新宿割烹 中嶋』。1980年に父の跡を継いだ2代目店主・中嶋貞治さんは、数々のメディアやイベントで活躍する日本料理界の重鎮だ。1000円以下で一流割烹の味を堪能できる昼限定のイワシ料理が好評で、店があるビルの地下1階に続く階段に連日多くの人が列を成す。
「いわし彩々」と名付けられた定食は5種類あり、刺し身・フライ・煮魚・塩焼880円、柳川鍋990円。ご飯は2杯目までサービスしてくれる。凛とした空気が漂う割烹の空間で、一流職人が腕を振るうイワシ料理の数々は、全制覇したくなるほど魅了ある定食だ。
おかずはそれぞれ660円(柳川鍋のみ770円)で単品注文も可能。刺し身とフライはハーフサイズでも追加できる(各385円)。定食のほかに、昼の会席も(予約制)。

イワシのフライを卵でとじた柳川鍋。
イワシのフライを卵でとじた柳川鍋。
いわしの柳川鍋定食990円は、ご飯、味噌汁、香の物付き。ご飯は2杯目までおかわり無料。
いわしの柳川鍋定食990円は、ご飯、味噌汁、香の物付き。ご飯は2杯目までおかわり無料。
カウンターは10席。板場の丁寧な仕事ぶりを目の前で楽しむことができる。
カウンターは10席。板場の丁寧な仕事ぶりを目の前で楽しむことができる。

『新宿割烹 中嶋』店舗詳細

新宿割烹 中嶋(しんじゅくかっぽう なかじま)
住所:東京都新宿区新宿3-32-5 日原ビルB1F/営業時間:11:30〜14:00・17:30〜21:00/定休日:日・祝/アクセス:JR・私鉄・地下鉄新宿駅から徒歩3分、地下鉄新宿三丁目駅から徒歩2分

西新宿『板前心 菊うら』の海鮮丼+麺類ランチセットは和洋中が折衷!?

ランチの店選びには事欠かない西新宿エリア。なかでも注目を集める日本料理店『板前心 菊うら』の丼ぶりが、安くておいしいだけでなくおもしろい。
7割ものお客さんが頼むという週替わりの丼セット1150円。割烹の匠を凝らした新鮮な海鮮丼にのせるのは、生のリや明太子、梅を混ぜたとろろや、ねぎとろユッケ、海老マヨなど、味も食感もさまざま。
また、そば・うどん・中華麺が週替わりで楽しめる。6月から9月の間は冷たい麺も。海鮮丼も麺類もたっぷり一人前ずつあって食べ応えがある。
お刺し身付きの日替わり定食は数量限定で、焼き魚・煮魚のいずれかを選べて毎日違う種類の魚が食べられる。
夜はカウンター越しでお客さんと職人との会話に花が咲き、「お客さんの楽しみが料理なのか話なのか」と親方が笑う、アットホームな雰囲気の店だ。

海鮮丼と麺類を一度に楽しめる今週の丼セット1150円。
海鮮丼と麺類を一度に楽しめる今週の丼セット1150円。
サンラータンメンはゆば入り。和の食材を取り入れる工夫は日本料理店ならでは。
サンラータンメンはゆば入り。和の食材を取り入れる工夫は日本料理店ならでは。
新宿大ガード西交差点から徒歩5分ほどの場所にある。
新宿大ガード西交差点から徒歩5分ほどの場所にある。

『板前心 菊うら』店舗詳細

板前心 菊うら(いたまえごころ きくうら)
住所:東京都新宿区西新宿7-16-3 第18フジビル1F/営業時間:11:30〜13:00LO・17:30〜21:00LO/定休日:日・祝(2022年6月現在は水も休み)/アクセス:地下鉄大江戸線新宿西口駅から徒歩3分、JR・私鉄・地下鉄新宿駅から徒歩5分

新宿御苑『お菜処 ゆう』で高コスパ・おいしい煮魚を思う存分堪能

新宿御苑と新宿通りの間にある、昔ながらの裏路地に『お菜処 ゆう』がある。昼は魚を中心にした定食を提供し、夜は季節の素材を使った煮魚や天ぷらでお酒を楽しめる居酒屋だ。しかし、“なーんだ、飲み屋の定食か”と侮ることなかれ。ふっくらと煮られた魚と、野菜たっぷりの副菜や具沢山の味噌汁には繊細な仕事が活きている。
ランチの魚は日替わりで、焼き魚2種、煮魚2種、肉メニュー2種、それからスペシャルメニュー2種があり、価格帯は800〜950円。この日は子持ちかれい煮850円を注文。
子持ちかれいの煮付けには豆もやしとスナップえんどうが飾られている。みつばとわかめがたくさん入った味噌汁、ひじき煮、きゅうりとかぶの漬物、野菜サラダ。
子持ちかれいはたっぷり煮汁を含んでいて口の中で卵の部分がホロホロとほどける。これはご飯がすすむぞ! 身は上品でしっとり、付け合わせの豆もやしやスナップえんどうがしゃくしゃくといい歯応えだ。

子持ちかれい煮850円。彩りのよい盛り付けにもこだわりが。
子持ちかれい煮850円。彩りのよい盛り付けにもこだわりが。
かれいのうまみが溶け込んだ煮汁はご飯にかけて食べたい!
かれいのうまみが溶け込んだ煮汁はご飯にかけて食べたい!
パリッとした白いのれんが清々しい。
パリッとした白いのれんが清々しい。

『お菜処 ゆう』店舗詳細

お菜処 ゆう(おさいどころ ゆう)
住所:東京都新宿区新宿2-4-1 第22宮廷マンション106号/営業時間:11:30〜13:30LO・18:00〜22:00LO(土はランチ休)/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄丸ノ内線新宿御苑駅から徒歩2分

新宿三丁目『和味 りん』の絶品ランチは、魚にうるさい人ほど食べて欲しい

新宿花園神社の並びにある割烹料理店『和味 りん』。全国各地の漁港や漁師から仕入れる新鮮な魚と、熟練された技が織りなすさまざまな料理が楽しめる。特筆すべきは、鮮度バツグンの魚を1500円前後で堪能できるランチの焼き魚御膳だ。
割烹や寿司店などで修行を積んだ店主が、2006年にオープンした。普段使いには格調が高くて躊躇してしまうお店だが、産直の新鮮な魚がおかしら付きで1匹ドーンと出てくるランチがお値打ち価格で食べられるという。
焼き魚御膳1430円〜は、茶碗蒸し、小鉢、お碗、ご飯、香の物付き。毎日違う魚が登場するので、価格も若干変わる。魚のおいしさは特筆すべきものがあり、「あれ、魚ってこんなにおいしかったっけ?」と驚くことだろう。
それもこれも、市場を介さず全国各地の信頼できる漁港や漁師から仕入れる新鮮な魚あればこそ。さらに店主の卓越した技術が、素材の良さを昇華させる。

焼き魚御膳1430円〜。茶碗蒸し、小鉢、お碗、ご飯、香の物付き。
焼き魚御膳1430円〜。茶碗蒸し、小鉢、お碗、ご飯、香の物付き。
ふわっふわで、溶けるような食感。
ふわっふわで、溶けるような食感。
落ち着いた雰囲気の店内は、カウンターとテーブル席がある。
落ち着いた雰囲気の店内は、カウンターとテーブル席がある。

『和味 りん』店舗詳細

和味 りん(わみ りん)
住所:東京都新宿区新宿5-17-6 中田ビルB1F/営業時間:11:30~14:00LO、17:30〜21:30LO(ランチは予約不可、夜は予約優先)/定休日:不定/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩1分

究極の親子丼を求めてお店は大盛況『鶏Dining&Bar Goto』

地下にあるお店は木目調に統一され、天井はコンクリートの打ちっぱなし。6席のカウンターを中心に4人掛けのテーブルが4つ配置されている。明るすぎないダウンライトの照明がとても落ち着いた雰囲気だ。
お昼の来店客の7〜8割が注文するのが大人気メニューの究極の親子丼。ふたをオープンすると、とろっとろの卵にまみれた大ぶりの鶏肉がごろごろと見え隠れ。そして真ん中に、濃厚な黄色に輝き立体的に立ち上がった卵の黄身。
この究極の親子丼を目当てに、お客さんが続々と来店。ラストオーダーの瞬間までやってきて親子丼を注文する。
この究極の親子丼のほかにも多彩なランチが用意され、また夜には焼き鳥や水炊き、鳥刺しなど多彩な鶏料理を楽しむことができる。鶏好きの方はぜひ訪ねていただきたいお店だ。

東京軍鶏 究極の親子丼950円。ランチでは味噌汁と漬物が付いてお得なお値段(ディナーは単品1300円)。
東京軍鶏 究極の親子丼950円。ランチでは味噌汁と漬物が付いてお得なお値段(ディナーは単品1300円)。
卵の強い黄色。見ただけでおいしさが伝わってくる。
卵の強い黄色。見ただけでおいしさが伝わってくる。
店内は木目調の落ち着いた空間。
店内は木目調の落ち着いた空間。

『鶏Dining&Bar Goto』店舗詳細

鶏Dining&Bar Goto(とりだいにんぐ あんど ばー ごとう)
住所:東京都新宿区西新宿7-4-5 富士野ビルB1F/営業時間:11:30〜14:00LO・18:00〜21:45LO(土は18:00〜21:45LO)/定休日:日・祝/アクセス:JR・地下鉄新宿駅から徒歩6分

【やっぱ肉でしょ!ボリューム満点ランチ】

『酒膳処 珈穂音』でスープもごちそう、ボリューム満点のロールキャベツ

『酒膳処 珈穂音』のランチは、イキのよさが自慢の刺し身のほか、古くから人気のビーフシチューやハンバーグステーキ、焼肉、ステーキ、フライ類など和洋折衷の多彩なメニューが用意され、なかでも通年提供されるロールキャベツ980円は、幅広い年齢層に支持されている。
柔らかく煮込まれたキャベツと、なめらかな合い挽き肉のタネの食感がいい。澄んだコンソメスープは、シンプルながらキャベツをはじめとした野菜と肉の旨味が溶け込んで、口の中にしみじみと広がる。ああ、やさしい味だなあ。そして皿の底にはスープを吸い込んだ太めのスパゲティが潜んでいた。こういうのがうれしいのだ!
ランチメニューはおかずだけの注文もでき、昼から提供されているお酒とともに楽しめるのもいいところだ。

スプーンとお箸で食べるロールキャベツ1100円。
スプーンとお箸で食べるロールキャベツ1100円。
幻の日本酒として有名な銘酒が揃う。
幻の日本酒として有名な銘酒が揃う。
新宿駅東口・新宿アルタの裏手にある新宿サンパークビルの5階。
新宿駅東口・新宿アルタの裏手にある新宿サンパークビルの5階。

『酒膳処 珈穂音』店舗詳細

酒膳処 珈穂音(しゅぜんどころ かぽね)
住所:東京都新宿区3-22-12 新宿サンパーク本館5F/営業時間:11:30〜21:30LO(日・祝は11:30〜21:00LO)/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄・地下鉄新宿駅から徒歩5分

新宿6丁目『新宿呑場 六』の厚切り豚生姜にはまるリピーターが続出!

新宿6丁目にある『新宿呑場 六』は、都内のイタリアンの有名店で腕を磨いた料理人が作る創作和食が評判のネオ大衆酒場だ。
なかでもイチオシは、店オリジナルの厚切り豚生姜。豚肩ロース肉を4時間かけて低温調理し、生姜ソースをかけて千切りキャベツをのせる。2cmほどの厚さにカットされた一口大のお肉はレア風でやわらかく、断面には肉汁がにじみ出す。
豚肉の生姜“焼き”ではないので意表をつかれるお客さんもいるようだが、一口食べればたちまち虜になってしまうだろう。
昼の献立は「安い・早い・旨い」をモットーに、4種類の定食をラインナップ。箸が止まらないおかずが揃い、丼に盛られたご飯は約1.5合もあってボリューム満点。
ランチタイムは2時間で3回転するほどの人気ぶりで、料理長の腕前と手際のよさが光る。創意工夫が詰まった和食の数々とフレンドリーな接客が魅力の“穴場的酒処”だ。

厚切り豚生姜定食850円。ご飯は丼にてんこ盛りでなんと約1.5合分。
厚切り豚生姜定食850円。ご飯は丼にてんこ盛りでなんと約1.5合分。
肉汁と生姜ソースのマリアージュがたまらなく美味。
肉汁と生姜ソースのマリアージュがたまらなく美味。
おしゃれな店内もインスタ映えすると話題に。
おしゃれな店内もインスタ映えすると話題に。

『新宿呑場 六』店舗詳細

新宿呑場 六(しんじゅくのみば ろく)
住所:東京都新宿区新宿6-4-2 コスモス新宿18 M1F/営業時間:11:30〜14:30LO・17:00〜22:30LO(土はランチ休み)/定休日:日/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩7分、地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩8分

肉にこだわる『肉バル FORST6丁目』が提供する売り切れ必至のハンバーグ

ランチメニューの中で一番人気は煮込みハンバーグ。もともと週替わりのメニューとして提供されていたが「あのハンバーグ無いの?」との問い合わせの多さに定番化したとのこと。毎日12個限定で提供され、11時半開店で12時頃には売り切れてしまうそう。
一口食べると、最初に感じるのは濃厚なデミグラスソースの味。次いで期待以上に肉々しい触感が追っかけてくる。
肉は牛と豚、それに脂身を『FORST6丁目』専用の配合にしてもらい、届けられた肉をすべて店で成形している。デミグラスソースはもちろん手作り。可能な限り手作りにこだわっているという。
もともと熟成肉とワインが売り物のお店。週替わりのメニューもあるので、ハンバーグをきっかけにいろいろな料理を楽しみたい。

ハンバーグ200g。ライス、スープ付きで850円。
ハンバーグ200g。ライス、スープ付きで850円。
ソースとの相性を考え、あえて肉は細かく挽いて脂身も抑えめにしてあるそう。
ソースとの相性を考え、あえて肉は細かく挽いて脂身も抑えめにしてあるそう。
テラス席ではBBQのコースも楽しめる(要予約)。
テラス席ではBBQのコースも楽しめる(要予約)。

『肉バル FORST6丁目』店舗詳細

肉バル FORST6丁目(にくばる ふぉるすとろくちょうめ)
住所:東京都新宿区新宿6-7-1 1F/営業時間:11:30〜14:30LO・17:30〜22:00 LO/定休日:土・日・祝/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩7分

『伯爵の肉団子 新宿御苑店』で、ミシュランシェフが監修する絶品肉団子定食

新宿御苑前駅の近くにある『伯爵の肉団子 新宿御苑店』は、レトロな雰囲気で素朴ながら繊細で遊び心のある中華を堪能できる。町中華+昼定食+大衆酒場のハイブリット店だ。しかしながら、すべての料理監修は中華のミシュランシェフ・原勇太さんによるもので、庶民的なメニューながら味はハイクオリティ。
店名は“舌の肥えた伯爵が、何個でも食べたくなるおいしい肉団子でありたい”という想いから付けられた。
看板メニューの肉団子は、外はカリッと中はとろふわで、クワイのシャクシャクした食感が面白い。ほほう、これは確かに伯爵でもハマってしまうおいしさかも!
肉団子はボリューム満点の定食やアレンジ料理もあり、何通りも楽しめる。
肉団子と油淋鶏、2つの主菜がついた伯爵定食1000円は3種の小鉢とご飯、スープが付いて大ボリューム。さらにランチタイムはザーサイと杏仁豆腐も付いてきてお得。

外はカリッと中はとろふわ肉団子に、たっぷりからむ黒酢あんかけ。
外はカリッと中はとろふわ肉団子に、たっぷりからむ黒酢あんかけ。
伯爵定食は、肉団子と油淋鶏のダブル主演! ランチ時はザーサイと杏仁豆腐がサービス。
伯爵定食は、肉団子と油淋鶏のダブル主演! ランチ時はザーサイと杏仁豆腐がサービス。
遠くからでも目に入るド派手な店舗。
遠くからでも目に入るド派手な店舗。

『伯爵の肉団子 新宿御苑店』店舗詳細

伯爵の肉団子 新宿御苑店(はくしゃくのにくだんご しんじゅくぎょえんてん)
住所:東京都新宿区新宿2-8-5 東亜鋼業ビル1F/営業時間:12:00〜14:00LO・17:00〜23:00LO(土は16:00~23:00LO、日・祝は16:00〜22:00LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄丸ノ内線新宿御苑駅から徒歩2分

「豚肉×キャベツ=ご飯に合う」おいしい方程式を実感『ビフテキ屋 あづま』

新宿三丁目駅から末広通りを目指して徒歩1分。都内に4つある寄席のひとつ『新宿末廣亭』隣にある『ビフテキ家 あづま』。定番人気の昔ながらのナポリタンやケチャップオムライス、ハンバーグなど、1946年の創業からなる熟練の洋食の味が楽しめる。
しかも、ランチタイムならスープやライス付きでディナーよりもお得。なかでももち豚のじゅうじゅう焼きは1、2を争う人気だ。バターソテーされたもち豚はコクがあって柔らかく、鉄板ともち豚に挟まれて蒸し焼き状態になったキャベツはぐんと甘みが増している。
とんかつやホイコーローなど「豚肉×キャベツ=ご飯に合う」という、おいしい方程式はみなさんご存知の通りだろう。そこにすり下ろした玉ねぎがたっぷり入った醤油ベースの甘酸っぱいソースが絡んで、食欲増進!
その名の通り、じゅうじゅうと音を立ててテーブルにやってくるのも一興。末廣亭の高座にあがる落語家たちからの支持もアツいメニューだ。

もち豚のじゅうじゅう焼1000円(平日ランチ)。スープとご飯付き。
もち豚のじゅうじゅう焼1000円(平日ランチ)。スープとご飯付き。
国産もち豚のロースをバターでソテーし白ワインを加えて炒める。
国産もち豚のロースをバターでソテーし白ワインを加えて炒める。
赤いレンガで囲われた入り口を潜って地下1階へ。
赤いレンガで囲われた入り口を潜って地下1階へ。

『ビフテキ屋 あづま』店舗詳細

ビフテキ家 あづま(びふてきや あづま)
住所:東京都新宿区新宿3-6-12 藤堂ビルB1F/営業時間:11:00〜22:30LO(ランチは15:15LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩1分

A5ランクの黒毛和牛を使ったメニューで幸せを配る『黒毛和牛焼肉 白か黒』

東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩1分のところにある焼肉店『黒毛和牛焼肉 白か黒』。「焼肉は人を幸せにします」というコンセプトのもと、A5ランクの黒毛和牛の雌牛にこだわり、ランチメニューにも同等の肉を使う。
人気の特製牛タンカレーライスは、りんご、ハチミツ、タマネギがたっぷり入って甘みがあり、しっかりスパイスも感じさせる欧風カレー1000円だ。カレーのベースには毎日継ぎ足して炊く濃厚なコムタンスープ(牛骨スープ)を使用し、しっかり下処理したうえでコトコト煮込んだ牛タンは、スプーンで簡単に切れるほど柔らかい。口の中に入れると肉の繊維がほどけて、後味は実にミルキーだ。これだけ手が混んでいるのに、2種のおかずとサラダ、スープ付きで、スープとご飯はおかわり自由なのもうれしい限り。
また、ランチタイムでも焼肉のオーダーが可能。店舗スタッフが目の前で焼いてくれるこの店の名物・幸せのサーロイン(価格は変動。2200円前後)は必食の価値あり。

特製牛タンカレーライス1000円。ご飯、おかず2品とサラダ、スープ付き。
特製牛タンカレーライス1000円。ご飯、おかず2品とサラダ、スープ付き。
幸せのサーロインは1枚2200円。ご飯と卵が付く。
幸せのサーロインは1枚2200円。ご飯と卵が付く。
東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩1分。黒と赤の門が目印。
東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から徒歩1分。黒と赤の門が目印。

『黒毛和牛焼肉 白か黒』店舗詳細

黒毛和牛焼肉 白か黒(くろげわぎゅうやきにく しろかくろ)
住所:東京都新宿区西新宿8-6-2 野島ビル1F/営業時間:11:30〜13:45LO・17:00〜22:00LO/定休日:日・祝/アクセス:地下鉄丸ノ内線西新宿駅から徒歩1分

取材・文・撮影=丸山美紀(アート・サプライ)、大熊美智代、夏井誠、パンチ広沢、コバヤシヒロミ