高層ビルや百貨店が建ち並び、仕事だけでなくショッピング目的でも多くの人が足を運ぶ新宿。そんな新宿には、都会の騒々しさを忘れさせてくれる隠れ家的なカフェも多い。昭和レトロを感じさせてくれる老舗からSNS映えするおしゃれなお店まで、ホッと一息つける喫茶店・カフェ10店をご紹介!

昭和のダンスホールにタイムスリップ。老舗名曲喫茶『新宿らんぶる』

JR新宿駅東口から徒歩で約5分。入り口を入ると、そこは20席ほどの一見こぢんまりとした喫茶店。しかし左手の階段を地下へと降りていくと、外からは全くイメージできないような広大なフロアが現れる。
2階分ある高い天井には大きなシャンデリアが2基。壁際にもクラシックなデザインの照明がいくつも取り付けられている。まるで昭和の映画のセットのような、まさに「らんぶる(琥珀)」を感じさせる空間だ。
『新宿らんぶる』がここ新宿に開店したのは1950年のこと。「当時は今のような形ではなく、レコードによるコンサート会場のようなお店だったと言います。大きなステレオセットがあり、座席は全て正面のスピーカーに向かうように並べられ、私語は禁止。珈琲を飲みながら名曲をひたすら楽しむ場所でした」と店長の重光さん。
その変わらない雰囲気、変わらない味は、変化し続ける新宿の街の真ん中で、誰をもやさしく迎え入れる。

煉瓦がデザインされたお店の入り口。1階だけを見ると小さな喫茶店風。
煉瓦がデザインされたお店の入り口。1階だけを見ると小さな喫茶店風。
地下に降りると、高い天井の広々とした空間が。
地下に降りると、高い天井の広々とした空間が。
店長を務める重光康宏さんは創業者のお孫さん。
店長を務める重光康宏さんは創業者のお孫さん。

『新宿らんぶる』店舗詳細

新宿らんぶる(しんじゅくらんぶる)
住所:東京都新宿区新宿3-31-3/営業時間:9:30〜17:00LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄新宿駅から徒歩5分、地下鉄新宿三丁目駅から徒歩2分

焙煎、ネルドリップ、コーヒーカップ。すべてにこだわり抜いた『但馬屋珈琲店 本店』

JR新宿西口から徒歩約2分。今も昭和の香りを色濃く残す“思い出横丁”。その一角にひときわ重厚、そしてレトロな雰囲気の佇まいで目を引く老舗喫茶店『但馬屋珈琲店 本店』がある。
扉を開け、中に入ると右手にカウンター、左手にはイスとテーブル。ダークブラウンの色調に統一され、会話まで静かになってしまうような落ち着いた空間が自然に作り出されている。
『但馬屋珈琲店』がこの地で純喫茶として営業を始めたのは1964年のこと。喫茶店ではコーヒー1杯が300円前後だったこの時代に『但馬屋珈琲店』のコーヒーは1杯500円。「安さでお客さんにアピールするのではなく、コーヒーの品質、店内の空間にこだわることで顧客の指示を得る。この考え方は現在のお店にも引き継がれています」。
1人でぼんやり過ごすのもよし、友達と連れだって会話を楽しむもよし。新宿の駅前を忘れさせる居心地の良い大人の居場所だ。

テーブルやカウンターは落ち着いた木目で統一されている。
テーブルやカウンターは落ち着いた木目で統一されている。
一杯ずつネルドリップで淹れる特撰オリジナルコーヒー780円。
一杯ずつネルドリップで淹れる特撰オリジナルコーヒー780円。
深煎りコーヒーを使った手作り珈琲ぜんざい880円。
深煎りコーヒーを使った手作り珈琲ぜんざい880円。

『但馬屋珈琲店 本店』店舗詳細

但馬屋珈琲店 本店(たじまやこーひーてん ほんてん)
住所:東京都新宿区西新宿1-2-6/営業時間:10:00〜22:30LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄新宿駅から徒歩2分

ふわとろフレンチトーストとサイフォンコーヒーが自慢『cafe AALIYA』

新宿三丁目駅から徒歩1分、『cafe AALIYA』は新宿で30年以上続く老舗カフェ。創業当初から看板メニューのフレンチトースト目当てに、週末には行列が絶えない人気店だ。
名物のフレンチトーストは、30年前にオーナーの山本さんが作り上げたレシピを元に、その時々でよい素材を使い、おいしさを追求し続けながら「今までで一番良い状態が、今だと言えるように維持してます」という自慢の味だ。熱の伝導率のよい銅板で素早く焼くことで、分厚いパンの中までしっとりふっくら、そして外はほどよくこんがりと仕上がる。手作りのソースは甘いクリームから爽やかな酸味のソースなど、いろんな味が楽しめる。
フレンチトーストのお供におすすめは、サイフォンで淹れるコーヒー。直火式焙煎する豆からこだわった、ほどよい酸味とほのかな苦味のコーヒーは、フレンチトーストに最適なペアリング。コーヒーが抽出されるのを眺めながら待つ時間も至福のひとときだ。

フレンチトーストミックス950円とサイフォンで淹れたブレンドコーヒー540円。
フレンチトーストミックス950円とサイフォンで淹れたブレンドコーヒー540円。
明治通り沿いのビル入口を飾るネオンサインと黄色いCAFE旗が遠めからでも目立つ。
明治通り沿いのビル入口を飾るネオンサインと黄色いCAFE旗が遠めからでも目立つ。
ビルの地下1階。テーブル40席カウンター6席で計46席。
ビルの地下1階。テーブル40席カウンター6席で計46席。

『cafe AALIYA』店舗詳細

cafe AALIYA(かふぇ ありや)
住所:東京都新宿区新宿3-1-17 山本ビルB1F/営業時間:10:00〜20:00LO(金・土は10:00〜20:30 LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩1分、JR新宿駅から徒歩6分

ワンちゃん連れもOK! お家みたいに居心地のいい『BOWLS cafe』

新宿御苑・新宿門の目の前にある『BOWLS cafe』。アパレル会社のOLだった2人が一念発起、できるだけ手作りにこだわって一からお店を作り、2004年8月にオープンした。当時はまだおしゃれなカフェが少なかった新宿で、地元の人に愛され、今では遠方からもファンが訪れる。
お店の空間は“お家”がキーワード。おしゃれなカフェというよりは、ほんわか癒しのある空間で、まるでお家のリビングにいるような居心地のよさだ。
店名は「BOWL=どんぶりでお腹いっぱい食事を楽しんでほしい」という思いからつけた。ランチでは定番のカレーやたっぷりのサラダなどがどんぶりで提供される。デザートメニューは季節のケーキ、自家製スコーン、パンペルデュなど。すべてお店で手作りしている。
お店の利用は1組2名まで、時間は90分。コロナ対策のこのスタイルが逆に「静かにゆっくり過ごせる」とお客さんに喜んでいただける結果に。コロナが収束しても、このスタイルは続けていくという。

向かいは新宿御苑の新宿門。テラス席も気持ちいい。
向かいは新宿御苑の新宿門。テラス席も気持ちいい。
お店はワンちゃんと一緒でも利用できる。
お店はワンちゃんと一緒でも利用できる。
タルトとスコーンがワンプレートにのったアフタヌーンティーセット1870円。
タルトとスコーンがワンプレートにのったアフタヌーンティーセット1870円。

『BOWLS cafe』店舗詳細

BOWLS cafe(ぼうるずかふぇ)
住所:東京都新宿区新宿2-5-16 霞ビル1F/営業時間:11:30〜16:00LO(ランチは14:30LO)/定休日:不定/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅、地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩4分

山小屋みたいな大人の秘密基地『ARMWOOD COTTAGE』

新宿御苑駅を出て新宿通りを四谷方面に歩いて5分のところにある『ARMWOOD COTTAGE』。オフィスビルに囲まれたエリアに突如現れる山小屋風のカフェだ。アンティークを揃えた落ち着いた雰囲気は、まるで『トムソーヤの冒険』や『赤毛のアン』のようなアーリーアメリカンのテイストを感じさせる。
オープンから16:00までオーダーできるランチは、がっつり肉料理からパスタ、数種類のタパスが乗ったサラダまで揃っているから、TPOに合わせてゆったり過ごせる。ディナーは、厳選したワインやウイスキーとともに趣向をこらした料理を楽しめる。
一方、カフェメニューはオープンからクローズまでオーダーでき、自家製のケーキやデザートは食後にも食べたくなる。なかでもオススメは、ARMWOOD COTTAGEフレンチトースト850円。厚切りの食パンに牛乳、卵、バニラエッセンスとダークラムで香り付けしたものをたっぷり含ませ、外はカリッ、中はフワッと焼き上げている。ラムが鼻に抜けるちょっと大人のテイストだ。

ビルの谷間から突然現れる山小屋風カフェ。
ビルの谷間から突然現れる山小屋風カフェ。
ラムが香るフレンチトーストに、甘さ控えめのメイプルシロップをたっぷりかけて召し上がれ。
ラムが香るフレンチトーストに、甘さ控えめのメイプルシロップをたっぷりかけて召し上がれ。
テラス席やロフト席も備え、自然の風が吹き込むシックながら開放的な店内。
テラス席やロフト席も備え、自然の風が吹き込むシックながら開放的な店内。

『ARMWOOD COTTAGE』店舗詳細

ARMWOOD COTTAGE(あーむうっどこてーじ)
住所:東京都新宿区新宿1-10-5 不二越ロフト2F/営業時間:11:30〜21:00LO(金・土・日・祝前日は11:30〜22:00 LO)/定休日:火/アクセス:地下鉄丸ノ内線新宿御苑駅から徒歩5分

スイーツもドリンクもすべて手作りにこだわる『MOVECAFE』

新宿三丁目駅から徒歩1分。新宿で15年続く『MOVECAFE(ムブカフェ)』は、手作りにこだわるメニューやフレンドリーな接客で、訪れる人の心をつかんできたおしゃれカフェ。人通りの多いショッピングエリアに、ひっそりと佇む隠れ家的存在だ。
3階のカフェスペースは、2人掛けを中心にテーブル席がほどよい感覚で並ぶ。日当たりのよい窓際の席から銀杏の木越しに明治通りの車や人通りを眺めたり、洞窟の中にいるような半個室席でまったりしたり。過ごし方は自由自在。
店名のmoveは、オーナーの原さんが心を動かすという意味で名付けたそう。「お客様がわくわくドキドキできるようなお店にしたいと思ったんです」。安心安全な食材を使った手作りのスイーツやドリンクは、運ばれた瞬間「わあ、かわいい!」食べて「おいしい!」とわくわくが止まらない魅力あふれるものばかり。季節ごとにメニューが変わり、いつ行っても新鮮な味が楽しめる。何度も通いたくなるカフェだ。

窓際からやわらかな日が差し込み、のんびり心地よい店内。
窓際からやわらかな日が差し込み、のんびり心地よい店内。
季節フルーツのプリンタルト950円。昔ながらの固めプリンにビターなカラメルソースで甘さ控えめ。
季節フルーツのプリンタルト950円。昔ながらの固めプリンにビターなカラメルソースで甘さ控えめ。
季節の酢ソーダ780円。アメリカンチェリーの実を漬けた果実酢のソーダ割りは、甘酸っぱく爽やか。
季節の酢ソーダ780円。アメリカンチェリーの実を漬けた果実酢のソーダ割りは、甘酸っぱく爽やか。

『MOVECAFE』店舗詳細

MOVECAFE(むぶかふぇ)
住所:東京都新宿区新宿5-16-7 加丸屋ビル2F・3F/営業時間:12:00〜19:15 LO(ランチは16:00LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩1分

『CONTAINER Cafe&Bar』でグルテンフリーのケーキを食べながらまったり

数々のカフェで経験を積んできた店主の尾上昌彦さんが、「自分が行きたいリラックスできるカフェ」を目指し2009年にオープンした。2019年にコンセプトを「心と体にやさしさを」とし、メニューもグルテンフリーのケーキや、野菜たっぷりの食事に変更した。
なかでも人気なのは、濃厚なチーズの風味があり中はとろ〜りとした舌触りのバスクチーズケーキ660円。爽やかな酸味があるので後味は軽やかだ。ケーキと一緒にオーガニックのコーヒーやティーも楽しめ、平日14:00〜17:00までは好きなドリンクと一緒に注文すると200円引きになってお得だ。
「周辺にはたくさん飲食店があるし昔ながらの雑多な街でしょう? でも、こんな高層ビルに囲まれた超都会のなかに、レトロな建物やノスタルジックを感じる場所がまだ残っているんですよ。僕はこの街のそういうところが好きです」と、尾上さんに言われて気づいたのだが、ほぼ壁一面が窓なのだ。おいしいケーキやコーヒーを飲みながらのんびり街を眺めれば疲れが和らいでいく。

窓が広く、自然光が差し込む明るい店内。窓の柵の形がレトロでオシャレ。
窓が広く、自然光が差し込む明るい店内。窓の柵の形がレトロでオシャレ。
バスクチーズケーキ660円。濃厚なチーズの風味があるが中はとろ〜りとした舌触り。
バスクチーズケーキ660円。濃厚なチーズの風味があるが中はとろ〜りとした舌触り。
店主の尾上昌彦さんがハンドドリップで淹れてくれるコーヒー。店内がコーヒーのいい香りに包まれる。
店主の尾上昌彦さんがハンドドリップで淹れてくれるコーヒー。店内がコーヒーのいい香りに包まれる。

『CONTAINER Cafe&Bar』店舗詳細

CONTAINER Cafe&Bar(こんてな かふぇあんどばー)
住所:東京都新宿区新宿3-8-5 中川ビル3F/営業時間:13:00〜16:30LO ※ランチ(平日のみ)は14:30LO・18:00〜21:30LO(日は13:00〜17:30LO)/定休日:月/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩1分

一杯一杯丁寧に描かれたオリジナルのラテアート『SCOPP CAFE』

新宿御苑前駅の1番出口、新宿三丁目駅のC1出口、どちらから行っても徒歩2分ほど。雑居ビルの狭い階段を地下に下りていくと現れるターコイズブルーのドアは、まるで秘密の部屋の入り口のよう。
ドアを開けて中に入ると、店内は北欧テイストのシンプルでおしゃれな雰囲気。壁をギャラリーとして貸し出しており、展示は1カ月ごとに変わる。
お食事メニューもデザートメニューも充実の『SCOPP CAFE』。人気メニューのカフェラテには、スタッフがお客さんの雰囲気や、季節や天候などからイメージして、一杯一杯丁寧にオリジナルのラテアートを描いてくれる。
窓がなく景色が変わらない店内で毎日違う色や景色を見せてくれるのはお客さん。ここに来るいろんな人が景色をつくっていく。大都会・新宿の喧騒を忘れさせてくれる、ホッとできるくつろぎの空間だ。

「たくさんの人が座っていい感じになってきた」ソファ。
「たくさんの人が座っていい感じになってきた」ソファ。
スタッフがさんたつをイメージして描いてくれたラテアート。くまさんがお散歩♪
スタッフがさんたつをイメージして描いてくれたラテアート。くまさんがお散歩♪
ピスタチオ風味のティラミス700円。甘さ控えめでペロリと食べられる。
ピスタチオ風味のティラミス700円。甘さ控えめでペロリと食べられる。

『SCOPP CAFE』店舗詳細

SCOPP CAFE(すこっぷかふぇ)
住所:東京都新宿区新宿2-5-11甲州屋ビルB1F/営業時間:11:30〜23:00(火は11:30〜17:00、土・祝は12:00〜23:00、日は12:00〜22:00)/定休日:無/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅、地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅から徒歩2分

新宿3丁目NO.1のガトーショコラとシンプルにおいしいコーヒー『coffee fragile』

新宿三丁目駅からすぐ、末広通りの雑居ビル地下にある『coffee fragile』は、夜の音楽バー『SHIGET‘S』が営業していない時間帯のみオープンする喫茶店だ。ビルの外看板にその名はないが、入口に置かれた入居する飲食店の立て看板群の中に見つけることができる。一番小さくてひかえめな黒板の立て看板がそれだ。
マスターの山口邦夫さんが1人で切り盛りしている店内は、テーブル席3つとカウンター席のみのそう広くはない空間。1970〜90年代のロックなポスターが壁いっぱいに貼られ、カウンターの前の棚にはロックの名盤が並ぶ。
さて、やはりここにきたらやはり、立て看板に書かれていた「新宿3丁目NO.1のガトーショコラ」だ。生クリームとジャムが添えられたマスター手作りのガトーショコラだ。口に含むと、ほろ苦さと甘さが絶妙なバランスで溶けてゆく。生クリームと一緒に食べればまろやかに、イチゴジャムではその酸味が甘さをやさしく引き立ててくれる。そして、注文ごとに1杯ずつ豆を挽き、ハンドドリップで丁寧に淹れられたコーヒーは、素直においしい。コーヒーには、お菓子がひとつ添えられる。

ビル入口に置かれた『coffee fragile』の立て看板。「新宿3丁目NO.1のガトーショコラ」の文字が目を引く。
ビル入口に置かれた『coffee fragile』の立て看板。「新宿3丁目NO.1のガトーショコラ」の文字が目を引く。
センス良く盛りつけられたケーキセット1000円。ガトーショコラは、濃厚で上質なチョコレートの味わい。
センス良く盛りつけられたケーキセット1000円。ガトーショコラは、濃厚で上質なチョコレートの味わい。
マスターの山口邦夫さん。その人柄に惹かれて通う常連さんも多い。
マスターの山口邦夫さん。その人柄に惹かれて通う常連さんも多い。

『coffee fragile』店舗詳細

coffee fragile(こーひーふらじゃいる)
住所:東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿B102/営業時間:11:30〜18:00/定休日:金/アクセス:地下鉄新宿三丁目駅から徒歩3分

『No.13 Cafe』の晴れた空みたいなクリームソーダと昔ながらのプリン

新宿の歌舞伎町交番と、大久保病院に隣接する高層ビル『東京都健康プラザハイジア』。その4階に『No.13 Cafe』がある。にぎやかな歌舞伎町の街とは裏腹に、静かで穏やかなオフィスビル。エレベーターでなくエスカレーターで店まで行こう。
『No.13 Cafe』の名物は、まず、熱海在住のハイパー干物クリエーター藤間さんによる“日本一おいしい”干物定食1300円〜。そして、フルクリームソーダ650円と、鶏卵プリン400円だ。
フルクリームソーダと鶏卵プリンはSNSでも人気。まるで晴れた空のようなフルクリームソーダ(スカイ)は、グラスにブルーハワイ味のゼリーとヨーグルト味のアイスを交互に盛り付けてあり、添付のソーダを注いでいただく。
一方、毎日限定60個の鶏卵プリンは、シンプルに卵と牛乳のみを使っている。料理長兼店長の髙橋伸行さんによれば「カラメルはコクが深いけどまろやかな喜界島産の黒糖で作っています」と語る。かわいくておいしいスイーツを心ゆくまで堪能しよう。

さわやかな青空のようなフルクリームソーダ(スカイ)650円。
さわやかな青空のようなフルクリームソーダ(スカイ)650円。
鶏卵プリン450円。コーヒーとのセットで750円。
鶏卵プリン450円。コーヒーとのセットで750円。
窓が広く、自然光がたっぷり入る店内。
窓が広く、自然光がたっぷり入る店内。

『No.13 Cafe』店舗詳細

No.13cafe(なんばーさーてぃーんかふぇ)
住所:京都新宿区歌舞伎町2-44-1 東京都健康プラザハイジア4F/営業時間:11:00〜17:00/定休日:日/アクセス:西武鉄道西武新宿線西武新宿駅から徒歩5分

取材・文・撮影=京澤洋子、丸山美紀(アート・サプライ)、大熊美智代、夏井誠、パンチ広沢