韓国から取り寄せた材料を使い、手間ひまをかけたオモニこだわりの料理がいただける。豊富なメニューに迷うのも楽しみのひとつ。日替わりランチは本格的ながらワンコイン。

本場韓国の家庭料理そのままの味にホッとする

池袋西口から5分。昔ながらの飲食店も数多く残っている一角だ。「古き良き池袋の名残りが残る地域なんです」と語るのは店長の宮崎正寛さん。

『自起屋』(じきや)のオープンは2001年。流行りのメニューを出すのではなく、本場韓国の家庭料理を丁寧に仕上げる、オモニの味にこだわっている。

「お客様は韓国の方も多いんです。納得の味なんでしょうね」と嬉しそうに宮崎さんが話す。

宮崎店長とスタッフ。
宮崎店長とスタッフ。

池袋のこの界隈にはさまざまな国籍の人が多く住む。彼らを満足させ、さらに池袋のビジネスマンや学生さんたちも足繫く通う店として安定の地位を築いている。

木材を基調とした造りの、リラックスできる店内。
木材を基調とした造りの、リラックスできる店内。
植物モチーフのライト。光が優しくてホッとします。
植物モチーフのライト。光が優しくてホッとします。

ランチは入り口、ワンコインでも本気の手間ひま

『自起屋』の日替わりランチメニューはなんとワンコイン。しかも夜のメニューもオーダー可能だ。

ワンコインの日替わりランチメニューの看板。
ワンコインの日替わりランチメニューの看板。

キッチン担当のオモニに話を聞く。

「ランチはワンコインだけど、いわゆるワンコインなりの作り方はしていない。手間ひま時間をかけて、丁寧に作っています。

今はランチだけで100人分以上の仕込みをしています。手がかかるから大変だけど、おかげさまで評判がいいのよ。ランチが美味しければまた来てくれるでしょう。夜も来てくれる。だから頑張ってます」。

メニューについて話す調理担当のオモニ。
メニューについて話す調理担当のオモニ。

100人分……! それはすごい!

 

「サムゲタンは店で仕込んでいます。手がかかるから既製品を使うお店が多いけど、ウチでは手作りにこだわってるの。インサン(高麗人参)は韓国から直輸入したものを使ってるし、ナツメも入ってます。鶏の臭みのない、澄んだスープが自慢。ぜひ一度チャレンジしてみて」。

サムゲタン1000円。
サムゲタン1000円。

バラエティ豊かなメニュー、毎日通う人も

筆者が気になったのはサムギョプサル丼なるメニュー。

サムギョプサルって、焼いてハサミで切りながら食べるから、ランチではなかなか手が出せないと思っていた。服にも匂いが付くし。

サムギョプサル丼800円。
サムギョプサル丼800円。

「お昼にも食べたいですよね、サムギョプサル。『自起屋』では、ランチでも気軽に食べられるよう、オリジナルで開発したのがサムギョプサル丼です」と宮崎さん。

 

お、美味しそう!! サムギョプサル好きとしては、嬉しい発明! さらにスタミナが付きそうなので、大切な仕事の前に食べるのも良さそう。

海鮮ねぎチヂミ1210円。
海鮮ねぎチヂミ1210円。

メニューが多いですね。スンドゥブだけで6種類も。麺類も美味しそう。

「スンドゥブは牛骨で出汁を取ってるからコクがある。麺類のスープにも使用してるので、ラーメンも人気です。これだけメニューがあるから、お客さんに、毎日通っても飽きないお店って言われるの」とオモニ。

街に馴染んだ外観。
街に馴染んだ外観。

「美味しかったよと言って帰るお客様のホッとした顔を見ると、満足されたんだなって嬉しく思います。これからも美味しい韓国料理を作っていきますよ!」。

店長さんはじめ、スタッフの皆さんの笑顔には料理への自信と仕事への情熱が光っていた。

また来ます!
また来ます!

次は何を食べようか。目移りしながら迷うのもまた、楽しみなお店だ。

韓国家庭料理 自起屋(じきや)
住所:東京都豊島区池袋2-54-1 パールビル1F/営業時間:11:30〜16:00LO・17:00〜23:00LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩5分

構成=フリート 取材・文・撮影=逸見チエコ