池袋随一ともいえる繁華街・池袋西一番街。地下には池袋演芸場があるビルの2階の純喫茶。店内は昭和にタイムトラベルしたかのようなレトロな佇まいが印象的。コーヒーを飲みながらのんびりとしたひと時を過ごすのにも最適だ。

初めてでも懐かしさを感じさせる店内

派手で豪華さを感じさせる店内。
派手で豪華さを感じさせる店内。

「珈琲」の派手なネオンサインや店名が書かれた看板などがある1階。ちょっとびっくりするが、観音開きの自動ドアの先には店内へと続くエスカレーターがある。ゆっくりと上っていくとそこはもう店内だ。

観音開きの自動ドアとエスカレーター。このエントランスを利用するだけでワクワク。
観音開きの自動ドアとエスカレーター。このエントランスを利用するだけでワクワク。

ベルベット調の椅子やシャンデリア、ステンドグラス、金色の鹿の像をはじめとしたゴージャスな調度品など、昭和レトロを感じさせる古きよき喫茶店の雰囲気が漂っている。

天井にはいくつものシャンデリアがある。
天井にはいくつものシャンデリアがある。

訪れたこの日は、店内のイメージにピッタリの年配のお客さんが多かったが、店長の伊藤将志さんは「最近の昭和ブームもあって、休日は若い方のグループも多く、店内でお待ちいただくこともあります。ゆっくりと純喫茶の雰囲気を堪能したいのなら平日がおすすめです」と話す。

銀座や六本木でも人気だったナポリタン

ボリュームたっぷりな「喫茶店のナポリタンセット」。
ボリュームたっぷりな「喫茶店のナポリタンセット」。

喫茶店メシの代表格といえばナポリタン。この店の人気メニューでもあり、かつて店舗があった銀座や六本木というハイカラな街で人気を博したナポリタンが味わえる。
「喫茶店のナポリタン」700円は、たっぷりと使ったケチャップの甘さと酸味を感じられる。やや太めのスパゲティと合わされば、昭和の味わい。玉ネギやマッシュルーム、ソーセージもまたいい。タバスコと粉チーズをたっぷりとかけて味わいたい。
セット970円は、サラダとドリンク(コーヒーまたは紅茶)が付くのでお得だ。
ほかにも、ドリアやサンドイッチといった喫茶店ならではの喫茶店メシもそろっている。

やや固めの昭和のプリン

「昔ながらの昭和プリン」は、カラメルの苦味が抑えめで、甘さを堪能できる。
「昔ながらの昭和プリン」は、カラメルの苦味が抑えめで、甘さを堪能できる。

「昔ながらの昭和プリン」650円もぜひ食べたい。セット920円ならばコーヒーまたは紅茶が付く。
プリンの上には生クリームとサクランボがのる。このビジュアルもまさに昭和だ。前日に採れた新鮮な卵のみを使用したプリンの表面はやや固めだが、ひと口食べれば滑らかな口当たり。卵の風味を強く感じ、それに負けない甘みが広がる。濃厚な生クリームと合わせれば、甘みとクリーミーさがさらにアップし、コーヒーや紅茶との相性も抜群だ。
見た目だけでなく、味もまさに昭和のプリンといえるだろう。

昭和の王道喫茶店で癒やしの時間を

エスカレーターの利用は入店のみで、帰るときは階段かエレベーターを使用する。
エスカレーターの利用は入店のみで、帰るときは階段かエレベーターを使用する。

内装やメニューなど、昭和レトロ満載の喫茶店。伊藤さんは「モーニングやケーキセット、食事とのセットなど幅広くそろえています。4人掛けのテーブル席がメインの店内で昭和の雰囲気を感じながらひと休みしていただけます」と話す。
初めて訪れてもどこか懐かしさを感じられる店内。普段とは異なる雰囲気の中で過ごすのも楽しい。

ストレートコーヒーは、ハンドドリップで淹れる。
ストレートコーヒーは、ハンドドリップで淹れる。

カフェ・ド・巴里(かふぇ・ど・ぱり)
住所:東京都豊島区西池袋1-23-1 エルクルーセビル2F/営業時間:7:00〜23:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄池袋駅から徒歩1分

取材・文・撮影=速志 淳 構成=アド・グリーン

アド・グリーン
編集プロダクション
1982年創業の編集プロダクション。旅行関係の雑誌・書籍、インタビューやルポルタージュを得意とし、会社案内や社内報の経験も多数。企画立案から、取材・執筆、デザイン、撮影までをワンストップで行えるのがウリ。