カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。 特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。 今回は、そんな“黒猫スイーツ散歩”下北沢編の第5弾です。

2022年8月オープン! 進化系芋スイーツ専⾨店

下北沢駅から徒歩3分ほどの、『をかしなお芋 芋をかし』。

2022年8月に新たにオープンした新ブランドのお店。

江戸中期創業の老舗和菓子屋が手がける和スイーツブランド「大三萬年堂HANARE」が監修しています。

店名からも分かる通り“芋スイーツ”の専門店。メニューには芋スイーツのみ数多くあり芋好きの黒猫は、テンションMAXひゃっほー!

契約農家「ヒゲ農園」から産地直送の厳選したブランド芋を使用しているとのこと。

店名の『芋をかし』は、平安時代に使われていた古語“いとをかし”と“芋”のかけ言葉。

単なる芋スイーツのお店ではなく、“いとをかし”の感性を芋で表現していく想いも込めているそうです。

遊び⼼がある芋スイーツ

ぷっくり芋ブリュレ 〜ごろごろアップル&シナモン〜 680円。
ぷっくり芋ブリュレ 〜ごろごろアップル&シナモン〜 680円。

ヒゲ農園直送の熟成させた「福井県産 とみつ糖蜜芋」の焼き芋に、芋キャラメルクリームとリンゴをごろごろ乗せた秋冬限定メニュー。

旗が刺さっているとテンション上がりますよね。

えっ! 黒猫だけ?(笑)。

ブリュレは、オーダー受けてからするので、仕上がりのジュワジュワ感がたまりません♪

ホクホク焼き芋の上と、ぷっくりと乗る芋キャラメルクリームの相性はピッタリ。

角切りのリンゴと、シナモンパウダーが良いアクセントになってウマウマ倍増にゃー♪

お芋のみたらし団子(モンブラン仕立て/ブリュレ仕立て) 各390円。
お芋のみたらし団子(モンブラン仕立て/ブリュレ仕立て) 各390円。

一般的なみたらし団子より、ひとまわり大きいモチモチのみたらし団子に芋をマリアージュ。

芋モンブランをたっぷり絞ったみたらし団子に、芋チップで食感をプラスした“モンブラン仕立て”と、芋キャラメルクリームを乗せたみたらし団子をブリュレした“ブリュレ仕立て”の2種類。

ボリュームも満点で、大満足な美味しさにゃー♪

ドリンクも芋スイーツ

恋来、飲む焼き芋 650円。Hotな恋来、飲む焼き芋 650円。
恋来、飲む焼き芋 650円。Hotな恋来、飲む焼き芋 650円。

黄芋と紫芋の2層が美しい飲む焼き芋。TOPに芋チップスと芋バター餡団子も乗ったビジュアルも目を惹きSNSでも話題になり人気のメニュー。

こちらは通年メニューですが、秋冬限定でHotバージョンの飲む焼き芋も登場。

Hotバージョンは、黄芋と豆乳を合わせTOPにはホイップクリーム。仕上げのみたらしソースの甘塩っぱさが味わいを引き立ててくれて絶品にゃー♪

ドリンクには、恋みくじも付いていて楽しい。

黒猫は、大吉でニンマリ。

 

農園直送のこだわりの芋を使ったスイーツを堪能できて、今回も大満足の“黒猫スイーツ散歩”だったにゃー♪

『芋をかし』店舗詳細

芋をかし
住所:東京都世田谷区北沢2-12-15/営業時間:11:00〜19:00(土・日・祝は10:00〜19:00)/定休日:不定/アクセス:小田急電鉄小田原線・京王井の頭線 下北沢駅から徒歩3分

取材・文・撮影=ミスター黒猫

ミスター黒猫
日本一パンケーキを食べる男
朝は喫茶店のモーニング・昼はカフェでランチ・おやつはパンケーキ・スイーツを食べ歩くのが日課。雑誌FLASHでは【日本一パンケーキを食べる男】として紹介される。カフェ・純喫茶・パンケーキ・スイーツなどを年間約1000店以上訪問。Instagramでも約6万人のフォロワーに毎日2回スイーツ情報を発信し、テレビ・ラジオ・webメディアなどでも活躍中。