焼酎を牛乳で割った牛乳ハイ。なんだかミスマッチにも聞こえるが、その味はまろやかでゴクリといけてしまう。あらゆるものに焼酎を入れて〇〇ハイにする遊び、その名も「全てをハイにする」の第11弾。今回は30年以上、板橋の老舗酒場『北海 三四郎』さんで牛乳ハイについて伺い、新しい〇〇ハイ誕生へのヒントを探る。

「全てをハイにする」とは??

「全てをハイにする」は、自粛期間中の“買い出し”を楽しむために思いついた遊びだ。「何に焼酎を入れると美味しいか」を考えながら、スーパーやコンビニへ行き、オリジナルの「〇〇ハイ」を作る。この遊びによって少し視点を変えるだけで、いつもの売り場が輝いて見え、どこへ行くのも立派な散歩。身も心もハイになれるのだ。

「全てをハイにする」の基本ルールは以下。

ルール①焼酎に入れたら美味しそうなもので割って飲んでみる
ルール②食べ物を粗末にしない

創業50年以上の大衆酒場『北海 三四郎』へ

白のれんには三四郎の文字。店名の“三四郎”は店主が小説「姿三四郎」のモデルとなった明治の柔道家、西郷四郎氏の子孫であることから名付けられた。

板橋には昔ながらの酒場が点在し、どの店にも筋金入りのご常連がついている。そんな店たちのドリンクメニューの中に長年ひっそりと愛されてきたローカル酒がある。牛乳ハイだ。牛乳ハイを出す店の中でも、古株であろう創業50年以上の大衆酒場『北海 三四郎』にうかがった。

ズラリと並ぶ短冊。酎ハイ類は充実の品揃えで、期間限定の生しぼりかぼすサワーや自家製梅干し使用の梅干サワー 、焼酎にブルーベリーを漬け込んだブルーベリーサワー などがある。

ドリンクメニューの中にさりげなく牛乳ハイが……。

あった。(上段左から7つ目)

おとなりには、あの“ホイス”まである。

牛乳ハイの誕生や板橋に根付いた時期について、店主の志田さんにお話を聞いてみた。

牛乳ハイに30年の歴史あり

「牛乳ハイ」で使っている牛乳たち

――いつ頃からお店で牛乳ハイを出されているんですか?

志田さん:30年くらい前にはメニューにあったと思うよ。当時は、周りで「牛乳ハイを出してるお店はほとんどなかったね。

――板橋に牛乳ハイが広まったのはいつなんでしょうか?

志田さん:もう閉めちゃったけど、西巣鴨のあたりに牛乳ハイの元祖と言われるお店があってね。地域的にも近いこのあたりでも、いつの間にか牛乳ハイを出すお店が少しずつ増えたんだと思うよ。

――大ブームになるわけでなく、じわじわ広がって静かに愛されてきたわけですね。

志田さん:なんにでも合うお酒ではないから、みんなが頼むわけじゃないしね。でも、好きな人は好きみたいで。

いたってシンプル。牛乳ハイの作り方

ここで牛乳ハイを作る様子を見せていただくことに。サッポロの甲類焼酎にダバッと勢いよく牛乳を注いでいく。

 

志田さん:こうやって、氷を入れて、焼酎に牛乳を入れて完成!

――作り方は昔から変わらず、ですか?

志田さん:最近、牛乳のメーカーを変えたんだけど、牛乳びんなのは変わらないねぇ。

牛乳ハイ420円。朝からグイッといきたくなる見た目だ。

牛乳ハイはまろやかな口あたりで、焼酎の酒っぽさがあまり感じられない。腰に手を当てて勢いよく飲み干せそうな飲みやすさだ。牛乳を使っているので、飲んべえの免罪符“健康に良さそうだから飲んでもよし”が発動して、ゴクゴク。

前回取材したホイスもそうだったけど、体に良さそうなお酒はついつい飲み過ぎてしまうんだよなぁ。

牛乳ハイに合うつまみを探せ

三ちゃんチーズ460円。

せっかくなので牛乳ハイに合わせたメニューを注文する。人気メニューの三ちゃんチーズは、ジャガイモにタラコを乗せて、マヨネーズとチーズがとろ〜り。牛乳ハイと食べると、ポテトグラタンのような味わいになる。洋食っぽいメニューは比較的合わせやすそうだ。

ホルモン炒め600円。

ホルモン炒めも甘辛い特製ダレが牛乳にうまくマッチ。脂の旨みを牛乳で包み込む、なんとも不思議な味わいだ。

刺身の三品盛り1080円。※内容は日替わり

牛乳ハイとのペアリングには向かないが、お店自慢の、刺身の三品盛りもいただいた。日によって4品盛りになっていることもあるようで、さりげないサービスにお店の優しさがにじむ。他のサワーとあわせるならば、どじょうの唐揚やアジフライもおすすめとのこと。

私を横目に「『牛乳ハイ』なんてのもあったんだね。今度頼んでみようかな」と常連さん。牛乳ハイは見た目にも存在感があり、隣の席で飲まれるとどうしても目に留まる。こうして静かに板橋でこの地位を築いてきたのかもしれない。

2回続けて、長年愛される酎ハイのお店を取材してきた。ホイスと牛乳ハイの共通点は、ちょっと健康に良さそうなところ。次は、お酒を飲む言い訳になる健康系酎ハイを作ってみようかな。

『北海 三四郎』店舗詳細

北海 三四郎
住所:東京都板橋区板橋1-19-3/営業時間:17:00〜24:00(金・土は〜翌1:00)/定休日:月/アクセス:JR埼京線板橋駅から徒歩2分

取材・撮影・文=福井 晶