日本マクドナルドは19日、都内で新商品発表会を開き、角野栄子さん原作の児童小説「魔女の宅急便」とコラボレーションした新バーガーを26日から7月下旬までの期間限定で発売すると発表した。魔女のお届けもの「ヨーロッパバーガーズ」と題し、ドイツやイタリアといった欧州の定番料理から着想した3商品を展開する。これまでにない世界観を詰め込んだ新商品を訴求し、食欲が減退しがちな夏場の集客を狙う。

欧州各国の料理をイメージ

魔女の宅急便の舞台とされる欧州の味を、魔女が届けるという世界観を盛り込んだ新商品で、テレビCM用にオリジナルアニメを制作するなど販促にも力を入れた。

3種の新商品は、欧州のスタイリッシュさを表現するため、表面のてりを強調した四角の形状に仕上げた特製バンズを使用することで差別化を図っている。そのうちの一つ、ドイツの家庭料理ジャーマンポテトを使った「ジャーマンポテト肉厚ビーフ」(単品520円〜)は、100%ビーフパティやチェダーチーズ、シャキッとしたスライスオニオンを組み合わせた食べ応えある食感が特徴だ。

イタリアのパスタ料理からイメージした「ペペロンジューシーホットチキン」(同450円〜)は、赤唐辛子で味付けした鶏のモモ肉に、ブラックペッパーやニンニクを効かせることでうま味と辛味の絶妙なバランスにこだわっている。

また、「ブイヤベース風シュリンプ」(単品470円〜)は、地中海に面した南フランス地方の料理で有名な魚介スープ「ブイヤベース」の味をソースで再現し、エビカツのうま味を引き出せるよう仕上げた。

「パッケージもかわいい」

この日の発表会には、アイドルグループ「欅坂46」の元メンバーで俳優の長濱ねるさんと元サッカー日本代表の槙野智章さんがそれぞれ、魔女の宅急便の登場キャラクターをイメージした姿で登場。長濱さんは「パッケージもかわいい」と、作品の主人公キキがあしらわれたハンバーガーの包み紙を称賛。ブイヤベース風シュリンプを試食した際は、「ヨーロッパの香りがするし、地中海の感じが味わえる」と舌鼓を打った。

同社は、ニューヨークやアジアなど〝世界の味〟をイメージした期間限定の新商品を定期的に発売しており、今回のヨーロッパバーガーズもそのシリーズの一つと位置付ける。ナショナルマーケティング部の西田瑛太郎上席部長は「レギュラー商品とは違った味わいが楽しめる自信作」と強調し、今後の販売動向をみながら、継続的に販売する期間限定の商品化も検討するという。