大相撲九州場所12日目は24日、福岡国際センターで行われ、平幕王鵬が単独首位だった関脇豊昇龍をはたき込み、10勝目を挙げた。豊昇龍は2敗目。2桁勝利を挙げた平幕高安と合わせトップに3人が並んだ。

祖父が横綱大鵬の王鵬と、横綱朝青龍を叔父に持つ豊昇龍。とかく血筋が話題になりがちな2人だが、幕内での初対戦は、優勝を争う力士同士として純粋な注目を集めた。互いにとって本望だったに違いない。

大きな白星を手にしたのは王鵬だ。仕切りで豊昇龍より先に手を着いて待ち、狙いを定めて頭から当たっていった。直後、押し込まれて土俵際。うまく左に回り込みながら相手をはたき込み、ぐっと口元を引き締めた。

22歳は「引いてしまう相撲になったけど、めちゃくちゃ良い立ち合いができた。立ち合いを大事に、と思って取った」と振り返る。最初に1歩、左足を踏み込めていたため、下がって技を決められる距離的な余裕ができていた。

王鵬にとって豊昇龍は同学年で、平成30年初場所初土俵の同期だ。ライバル意識を問われると、「人よりあると思う。皆さんが思っている程はないと思いますけど、いざ戦うとなると負けたくない」と言った。そこは、どれだけ番付が離れていても関係ない。

豊昇龍を2敗に引きずり降ろし、先頭に並んで残り3日。13日目には高安との2敗対決が待つ。

「燃えますし、毎日、すごく楽しいです。小さい頃から夢見ていた上位の土俵で相撲を取れて優勝に絡んでいける。『楽しい』が一番、勝っている」

幕内5場所目、最後まで重圧を意気に感じて取っていけるか。