東京五輪・パラ、自転車ロード通過自治体が「サポーター」募集

 2020年東京五輪・パラリンピックで自転車ロードレースのコース上にある東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の計14市町村が、沿道周辺の運営を補助するボランティア「コースサポーター」を募集することになった。大会組織委員会が10日、明らかにした。

 コースサポーターは沿道でのコーン設置や、観戦者らの動線確保などが主な役割で、組織委が募集する大会ボランティア、自治体が募集する都市ボランティアとは異なる。募集は五輪・パラリンピック本大会で3種類計約5700人。うち13市町村は今年7月のテスト大会でも計約3800人を募集する。

 募集方法は自治体ごとに異なるが、20年(テスト大会は19年)4月1日現在で満15歳以上は応募が可能。最大4日間、1日あたり4時間程度の活動となる。原則として居住地に近い場所に割り当てられ、食事や交通費は支給されない。

 組織委は「地元の方に直接支えていただく機会をつくりたい。(自治体側から)要望もあった」としている。

 


産経新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索