NHKの和久田麻由子アナウンサー(31)が27日、ニュース番組「NHKニュースおはよう日本」(前4・30)を卒業した。30日からは桑子真帆アナ(32)と入れ替わり、報道番組「ニュースウオッチ9」(月〜金曜後9・0)のメインキャスターを務める。

 「6年間、担当しました。お伝えするのがつらいニュースも数多くありましたが、その一方で心が明るくなるような話題も幅広くお伝えできたこと、そしてそれを朝一番にみなさんに届けられたこと、とっても幸せでした。ありがとうございました」

 和久田アナは2015年3月から「−おはよう日本」の祝日を除く平日キャスターを担当。明るい笑顔と安定感抜群のアナウンス力で硬軟両方のニュースを伝え、昨年の紅白歌合戦で総合司会に抜てきされた。