紀平は「日本フィギュア界の天才」SP世界最高で「喝采を浴びた」/フィギュア

紀平は「日本フィギュア界の天才」SP世界最高で「喝采を浴びた」/フィギュア

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル第1日(6日、バンクーバー)女子ショートプログラム(SP)で、デビューシーズンのGPシリーズで2連勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=が、ルール改正後の世界最高得点となる82・51点をマークして首位に立った。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が77・93点で2位、元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(21)=ロシア=が70・65点で3位、坂本花織(18)=シスメックス=が70・23点で4位、ソフィア・サモドゥロワ(16)=ロシア=が68・24点で5位、宮原知子(20)=関大=が67・52点で6位だった。

 国際オリンピック委員会(IOC)の専門テレビ「五輪チャンネル」公式サイトは、「日本フィギュア界のスターがバンクーバーでザギトワのSP世界最高得点を破る」と題し、紀平の演技を伝えた。「日本フィギュア界の天才が、女子SPの世界最高得点をたたきだし、喝采を浴びた」と絶賛し、ザギトワが3週間前のGPシリーズ第5戦ロシア杯でマークした80・78点を上回ったことを強調した。

 


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索