宇野、3・20開幕世界選手権は4回転×6本/フィギュア

宇野、3・20開幕世界選手権は4回転×6本/フィギュア

 フィギュアスケート・四大陸選手権最終日(10日=日本時間11日、米カリフォルニア州・アナハイム)男子で初優勝した宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=が快挙から一夜明けて取材に応じ、3月の世界選手権(20日開幕、さいたま)制覇へ全ジャンプの成功をノルマと課した。4回転はショートプログラム(SP)とフリー合わせて3種類6本を跳び、羽生結弦(24)=ANA=に立ち向かう。

 シニア4季目で初めてつかんだ金メダルの余韻に、浸る時間はなかった。前夜は日付が変わる頃まで取材に追われ、ドーピング検査を終えたのは午前1時過ぎ。宇野の表情からは疲労の色がにじんだが、次戦の世界選手権へと気持ちは切り替わっていた。

 「ジャンプを全部成功させるのが(優勝への)条件になる」

 昨年12月の全日本選手権から1カ月余りで右足首を3度捻挫した。調整不足は否めず、今大会の4回転はSPとフリーで本来より1本ずつ少ない計4本だった。それでも、フリーでは羽生が保持した今季世界最高を約7点塗り替えた。

 世界選手権では、今大会は回避したSPの4回転フリップにフリーの4回転サルコーと大技2本を戻す見込み。トーループと合わせた3種類6本の4回転を跳び、ジャンプの基礎点だけでも約10点の上積みが見込める。

 自国開催の頂上決戦では、背中を追いかけ続けてきた羽生とともに銀盤に立つ。シニア転向後の直接対決は7戦未勝利。「いつまでも追いかけているだけでなく、追われることも考え、『やるぞ』というところでやる。そんな選手になりたい」。いつになく強い口調から、長年憧れてきた絶対王者に立ち向かう決意がにじむ。

 この日のエキシビションでは黒の衣装に身を包み、両脚を180度開いて上体を反らせて滑るクリムキンイーグルを披露。アナハイムの客席から一番の声援を浴びた。「優勝するにあたり、失敗しないことが大切」。日本の顔が本気を世界に示す。 (鈴木智紘)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索