レブロンのけが快方に向かう 最短であと3試合で復帰か/NBA

 米NBCスポーツ(電子版)は10日(日本時間11日)、股関節痛で現在8試合欠場中のプロバスケットボールNBA、レイカーズのレブロン・ジェームズ(33)のけがの状態は快方に向かっているが、少なくともあと3試合は欠場する見込みであることをチームが明かしたと伝えた。

 この日、チームドクターの再検査を受けたジェームズの負傷箇所は以前より良くなってきており、コート上でより活発な練習を行える状態だという。チームはジェームズのけがについて16日(同17日)にさらなる情報を発表するとし、その間に行われる3試合は欠場の見込み。17日(同18日)には敵地でサンダー戦が組まれており、順調にいけば同試合で復帰する可能性もある。

 ジェームズは、昨年12月25日(同26日)の試合で股関節を痛め、途中退場。今季は1試合平均27・3得点、8・3リバンウド、7・1アシストをマークし、チームは現在23勝19敗でプレーオフ出場圏内の西カンファレンス8位につけている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索