ワシントン・ポスト紙「ダイナマイト・キッド、60歳の誕生日に死す」米でも大きく報道

 英国出身の元プロレスラーで、初代タイガーマスクの好敵手として人気を博したダイナマイト・キッド(本名=トーマス・ビリントン)さんが5日、死去した。60歳だった。米プロレス団体のワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)がホームページで報じた。キッドさんが、60歳の誕生日だった5日に亡くなった。

 訃報は、米国内でも大きく報じられ首都ワシントンD.C.の地元紙「ワシントン・ポスト」(電子版)は同日、「プロレスラー‘’ダイナマイト・キッド”トーマス・ビリントン、60歳の誕生日に死す」との見出しで、キッドさんの死を伝えた。

 キッドさんの死を発表したトレーナーのマーティ・ジョーンズさんは、「“ダイナマイト・キッド”ことトーマス・ビリントンの死を彼の誕生日に知らせなければならないのはとても悲しいこと。プロレスを世界に広めた真の英国戦士…キッドよ、安らかに」と自身のツイッターに投稿した。

 記事では、キッドさんは「1991年までカナダと日本で戦い、96年に最後の試合を戦った」とし、「97年に左足を麻痺すると、その後は心臓の病に苦しむと13年には脳卒中で倒れた」と報じた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索