いきなり背水の陣!稀勢、進退場所で不退転の決意「しっかり集中してやりたい」

いきなり背水の陣!稀勢、進退場所で不退転の決意「しっかり集中してやりたい」

 大相撲初場所は13日、東京・墨田区の両国国技館で初日を迎える。12日は国技館で土俵祭りが行われ、三役以上の力士らが出席して15日間の安全を祈願した。昨年11月の九州場所を途中休場し、平成最後の初場所に進退を懸ける横綱稀勢の里(32)は不退転の決意を口にした。すでに横綱審議委員会から「激励」を決議されており、初日から背水の陣の戦いが始まる。

 両国国技館にも東京の初雪が舞った。土俵祭りに出席した稀勢の里は、引き締まった表情で土俵を見つめる。進退を懸ける初場所。気負いを感じさせず、淡々と言葉をつむいだ。

 「いよいよですね。一日一番、しっかり集中してやりたい」

 九州場所では横綱として87年ぶりに初日から4連敗(不戦敗を除く)して、右膝を痛め途中休場。横審から、不祥事以外では初の「激励」を決議された。初場所も途中休場すれば、最も厳しい「引退勧告」が出される可能性もある。

 昨年12月の冬巡業を全休したことで、「(自分の)体を見つめ直すことができた」。今月7日の横審稽古総見こそ途中で左脚をぶつけて計6番(3勝3敗)と質量ともに不安を残したが、9日の二所ノ関一門の連合稽古では九州場所で初優勝した新関脇貴景勝を8勝1敗と圧倒した。

 この日は土俵祭り前に普段より1時間以上も早く稽古場に下りて、四股やすり足で汗を流した。

 初日の相手は過去6勝1敗の小結御嶽海。しかし横綱として出場した平成29年春場所以降の7場所で、初日に黒星を喫した5場所は全て途中休場へ追い込まれている。それだけに、鬼門の初日に向けて「しっかり流れを作っていきたい」と気の緩みは一切ない。

 「やれることをしっかりとやるだけ。全力を尽くすという感じだ」

 厳しい冷え込みを吹き飛ばすような熱い取組で、進退問題を一気に振り払う。 (月僧正弥)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索