神戸製鋼、3連覇狙うサントリー撃破 世界的SOカーターが21得点/TL

神戸製鋼、3連覇狙うサントリー撃破 世界的SOカーターが21得点/TL

 ラグビー・トップリーグ(TL)の第3節第1日は7日、東京・秩父宮ラグビー場でサントリー−神戸製鋼のレッドカンファレンス(C)の1試合を行い、神戸製鋼がTL初出場でフル出場したニュージーランド代表キャップ112を持つ世界的SOダン・カーターの21得点などで、3連覇を狙うサントリーを36−20で破り、2戦全勝とした。サントリーは初黒星で2勝1敗。

 神戸製鋼は前節のサニックス戦(札幌月寒)が北海道地震の影響で中止になったが、カーターのパスやキック、タックルなど一挙手一投足に歓声が上がる。開始3分、ラックでのターンオーバー(相手ボールの奪取)からWTB山下楽平が先制トライ。カーターのゴールはわずかに右に外れたが、8分には右中間25メートルPGを決め、カーターのTL初得点で8−0とした。

 16分にサントリーSO田村煕にPGを返されたが、直後の17分、神戸製鋼はCTBリチャード・バックマンがトライ(カーターのゴール)。22分には右ライン際を走る山下にフォローしたカーターがパスを受け、右中間にTL初トライも決めた。さらに26分、カーターは2本目のPGに成功。23−3と差を広げた。

 サントリーも反撃。36分に相手ゴール前で連続攻撃。最後はCTB梶村祐介−WTB尾崎晟也とルーキー同士でパスをつなぎ、インゴールを陥れた。8−23で前半を終えた。

 しかし、後半も神戸製鋼の勢いは止まらない。ターンオーバーから連続攻撃。左中間ラックからSH日和佐篤−WTB児玉健太郎でトライを追加したのが2分。カーターがゴールを決め、30−8とした。サントリーも14分、相手ゴール前でのアタックでFB松島幸太朗がミスマッチを突いて突破しトライ。前半途中から入ったSOマット・ギタウのゴールで、15点差に戻した。だが神戸製鋼は20分、カーターが中央PGを決め3点を追加する。

 サントリーは33分、ラインアウトからのアタックでギタウが突破。梶村から入ったばかりのWTB塚本健太とつなぎ、トライを返して20−33に。だが神戸製鋼は36分、カーターの4本目のPGで突き放し、試合を終えた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索