東洋大がグラウンド開き 主将の佐藤「目標は日本一」/東都

東洋大がグラウンド開き 主将の佐藤「目標は日本一」/東都

 東都大学野球の東洋大野球部は13日、埼玉・川越市のグラウンドで部員全員を集めてグラウンド開きを行った。

 1月6日に練習は始まっていたが、部員全員とOB会や父母会の幹部も揃って毎年恒例のグラウンド開きを行い、新たなスタートを切る。

 社会人野球の日本通運と西部ガスの監督を経験している杉本泰彦監督は、「社会人野球の監督でもグラウンド開きを行ってきている。1年間、必勝と健康、安全を祈願している」と話した。

 プロ注目の捕手、佐藤都志也主将(3年)は、一人ひとりが目を入れたダルマを前に「全員揃って、引き締まって、始める感じがします。目標は、日本一です」と気合いを入れた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索