9月27日夜、静岡県浜松市を走る遠州鉄道で電気を送る架線が切れるトラブルがありました。運転見合わせで帰宅の足を直撃しました。

<山口駿平記者>
「午後7時半の遠鉄新浜松駅です。代行バスを待つ人たちで長い行列ができています」

27日午後7時頃、静岡県浜松市東区の遠州鉄道・さぎの宮駅と自動車学校前駅の間で、架線が切れる事故がありました。この影響で新浜松駅と浜北駅の間で運転を見合わせ、代行バスを運行しました。

しかし、仕事終わりの時間と重なり、バスが混雑し、多くの人が駅で足止めとなりました。

<代行バスを待つ人>
「会社帰りの帰宅で使ってました。待つしかないかなという感じですね」
「びっくりしました。あんまり赤電(遠州鉄道)って止まらないので珍しいですね」

午後8時現在、遠州鉄道は浜北駅と西鹿島駅の間で折り返し運転を行っていますが、全線での運転再開のめどはたっていません。