静岡県裾野市の私立保育園で、1歳児に虐待を繰り返していたとされる保育士3人の一部が、4歳児にもカッターナイフを突きつけていたことがわかりました。

静岡県裾野市の「さくら保育園」では、3人の保育士が複数の1歳児に対し、虐待を繰り返していたとして問題になっています。

市の関係者によりますと、通報の中に「4歳児にもカッターナイフを突きつけた」という内容があり、園に確かめたところ認めたということです。

12月1日夜の保護者説明会でも、4歳児への虐待について説明があったといいます。

(保護者)
「カッターナイフの件は4歳の子にやったと(園は)認めていた」

また、この問題を巡ってSBSは、園が職員に書かせていた誓約書を独自に入手しました。

「当園の機密事項などを第三者に故意または過失によって漏洩したりしないこと」

10月下旬のことで、園の関係者は一連の虐待行為への口止めだと受け止めたといいます。

しかし、園は11月30日、保護者に向けて「個人情報に関する内容で口外するなという誓約書ではなかった」と説明しています。