日本の引っ越し業者は「至れり尽くせり」のサービスを提供しているとして、中国でも高く評価する声が多い。サービスの「質の高さ」は日本ならではのものであり、中国で同様のサービスを期待することはほぼ不可能だ。

 だが、中国には中国ならではのサービスもあり、たとえば「スピード」に特化したサービスもそのうちの1つと言えるだろう。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、中国で暮らす韓国人が「中国の配送アプリ」を使った際の体験談を紹介する動画を配信し、「とても便利だった」と伝えている。

 この韓国人配信者は、自宅から7km離れた場所にある新居に引っ越す時に中国の配送アプリを利用した経験を紹介している。アプリを開き、引っ越し先を入力し、引っ越し用車両の大きさやオプションサービスの有無を自分で選択すると、距離と車両の大きさに応じて料金が算出される仕組みだ。配信者が利用したのは荷物の配送アプリであり、荷物の配送を依頼したい利用者と運転手のマッチングアプリだが、小さな荷物だけでなく、大量の荷物を運送する引っ越しでも問題なく取り扱ってくれるようだ。

 続いて、注文確認ボタンを押すと、注文票が待機スタッフたちに配信され、待機スタッフたちは「早い者勝ち方式」で受注することができるのだという。そして、受注したスタッフがすぐに現場にやってくる仕組みとなっており、利用者からすれば「引っ越しのための予約が不要」で、しかも料金もとても安く、「とても便利だった」そうだ。

 日本の引っ越し業者は一般的に荷物の梱包から運搬まで一手に引き受けてくれる「至れり尽くせり」のサービスを提供している。運送中の事故などで荷物が破損してしまった場合もしっかりと補償してくれる。韓国人配信者が利用したサービスは、梱包などは自分で行う必要があり、運送中の事故に対する補償がどうなっているかは不明だが、アプリから注文するとすぐに業者が到着し、すぐに運送してくれ、しかも安いというのが強みであるようだ。こうしたスピードと安さは中国で見られるサービスの特徴の1つとなっている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)