米中対立は収まる兆しがないが、中国が警戒しなければならないのは米国だけではないようだ。中国メディアの網易はこのほど、「日本は永遠に甘く見ることのできない国だ」と警戒を促す記事を掲載した。

 記事はまず、米国ばかりに気を取られて「日本を見くびっている中国人は多い」と注意を促している。一部の中国人は、日本は国土面積が小さく戦略的に不利な国だと見くびり、万が一戦争になっても「核兵器を持っている中国のほうが有利だ」と高をくくっているという。しかし、日本は「地球上で最上級のプレーヤーだ」と注意を喚起した。

 日本の何がすごいかというと、日本には強さを見せないしたたかさがあると指摘している。中国人は威勢を張って自らを強く見せる傾向があるので、あえて強さを見せないというのは逆の発想だ。記事は、「日本の首相が米国人の前でぺこぺこしているのは裏がある」と推測している。日本が腰を低くしていれば米国は満足し、日本への制約も緩くなるので、憲法改正もできるという計算が働いているというわけだ。しかし実際には、日本は科学技術、軍事力ともに実力ある国で、強さを隠しながらチャンスをうかがっていると主張した。

 さらに日本は、米国に操られているように見せかけて、実は米国を利用して目的を達成しているとも主張している。日本は「米国のアジア太平洋地域における反中の先鋒」という立場を利用して、積極的に中国を叩く一方、「中国でがっぽり稼いでいる」恐ろしい国だと伝えた。
 
 記事の中国人筆者が日本を警戒するのは、その実力だけでなく、何を考えているか分からない所にあるのかもしれない。それは中国も同じであり、日本と中国は互いを「見くびれない」相手だと警戒しているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)