近年、中国では抗日ドラマの内容があまりに現実とかけ離れているとして批判の対象となっている。これには、素手で日本兵を切り裂くことや、当時はまだないはずの先進的な武器が登場することなどが含まれるが、中国メディアの快資訊はこのほど、抗日ドラマの登場人物の日本人のなかには「絶対にあり得ない人がいる」と指摘する記事を掲載した。

 記事の言う絶対にあり得ない日本人とは「女性将校」のことだ。抗日ドラマではわりとよく出てくる役で、こうした旧日本軍の女性将校は、容姿は美しいが心は鬼のように恐ろしい人物と決まっている。

 しかし記事は、「当時の旧日本軍には女性将校など存在しなかった」と指摘し、当時の日本では将校どころか軍隊のなかにも女性兵士の姿はなかったと強調。中国人が抗日ドラマでよく見かける旧日本軍の女性将校というのは当時はあり得ない存在だったとし、「こうした史実に基づかないドラマは抗日戦争に対する中国人の認識を変えてしまい、当時の抗日戦争は苦しいものではなかったかのように思わせてしまう」と不満を示した。

 さらに、抗日ドラマは、単に美しいもの、あるいは中国人が見たいと思うものを映し出すだけで、これは歴史に対する敬意の欠如だと非難し、「抗日ドラマは中国の視聴者を愚かにする作用しかない」と強い言葉で批判して記事を結んだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)