中国では最近、若い女性の間で「JK(女子高生)制服風のファッション」が流行しており、街中で日本の女子高生の制服のような姿の女性を見かけることが多くなっているという。しかし、その多くが日本のJKファッションであって、韓国のJKファッションではない。これはなぜなのだろうか。中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、この理由について尋ねるスレッドが立ち、中国人が議論を交わした。

 スレ主からすると、「韓国の女子高生も日本の女子高生も制服は似たり寄ったりで、韓国の方が優れたデザインの制服さえある」いう。おしゃれだから着るというなら、韓国など他国の制服でも良いはずなのに、なぜ日本のJKファッションにこだわるのかと問いかけている。

 これに対し、「文化輸出の面で韓国は日本に劣るから」との意見が寄せられた。日本のアニメは中国で根強い人気があり、アニメに出てくるJKの姿にあこがれる中国人が多いそうだ。同様に「韓国と比べると、日本の制服の方が可愛いからだと思う」と主張する中国人もいた。このユーザーによると、中国人女性のかわいいもの好きは日本人女性に勝るとも劣らないという。

 また、「JKファッションは一種の制服文化で、日本のセーラー服が起源となっているが、今では様々なデザインの制服があって、それを好む人が買っているというだけだ。そして中国で発展を遂げて中国独自のJKファッションになったと言える」との意見もあった。確かに、中国で見かけるJKファッションは日本の女子高生「風」であり、どこか違う印象だ。

 ほかには、「日本のJK制服は安くて中国で手に入りやすいが、韓国のJK制服は高い。それに、日本のJK制服はスタイルを選ばないが、韓国のJK制服はそういう訳にはいかない。そして、日本のJK制服は韓国よりずっと早く中国市場に参入した」との理由を挙げる人もいた。

 こうして見ると様々な理由が考えられるが、いずれにしても中国のJKファッション人気は当分続きそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)