外見が似ている日本人と中国人だが、性格には何か違いがあるのだろうか。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「日本人と中国人の性格の違い」を質問するスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーから多くの回答が寄せられた。

 中国人からすると、日本人とは似ていると思う部分と、違うと感じる部分があるようだ。似ていると思う部分については、「和を尊ぶところ」、「しゃべりすぎる人や人間嫌いな人は好まれない」ことといった指摘があった。また時代の変化とともに、日本が軍国主義から戦争を嫌う国になったのと同じように、中国も革命の精神に偏った文革期から拝金主義に変わった、という人もいた。

 しかし、やはり違いの方が目に付くようで、「中国人は思ったことを何でも言うのに対し、日本人は言いたいことを言わず、表現もあいまいだ」などの回答が多かった。留学経験者らしい人は、中国人同士の時は何でも話せてすぐに仲良くなるのに、日本人は踏み込んだ話をしないので、「周りに日本人がたくさんいても全然日本語が上達しなかった」と振り返っている。

 また、日本で働いているという人は「日本人はまじめで仕事を完璧にこなすが、何でも言うことを聞いて我慢してばかりいる」と紹介していた。さらに、「超えてはならない一線と近づくべきではない一線に対する考え方が違う」と指摘した人は、中国人は平気でこの2つのラインに近寄るが、日本人は近づくべきではない一線にさえ近づかないと主張、日本人と中国人ではリスクやルールに対する考え方が違うので「日本人と人付き合いをする際には注意が必要だ」とアドバイスしていた。

 他には、「他人に遠慮せず迷惑をかけるか、絶対に他人の迷惑にならないように我慢を徹底するかの違い」との指摘もあった。多くの中国人のなかでは「日本人はまじめでルールを守るが、我慢ばかりしている」というイメージもあるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)