韓国では最近、20年前の事件がホットイシューとなっている。
その事件とは「密陽(ミリャン)女子中学生集団性暴行事件」。2004年の事件だが、加害者の身元情報が明らかになったことで社会的な関心が集まっている。
密陽集団性暴行事件とは、2004年12月に慶尚南道(キョンサンナムド)東部の密陽で起きた事件。男子高校生44人が、隣接する蔚山(ウルサン)在住の女子中学生1人を密陽に誘い、1年間にわたって性暴行を加えたというもの。
そんな残酷な事件がなぜ、20年後の今になって再度注目を集めているのだろうか。
きっかけは、“韓国グルメ界の巨匠”ペク・ジョンウォンのYouTubeチャンネルだ。2年前、彼が偶然訪れた密陽のあるホルモン屋で給仕をしていた男性が事件の主要加害者で、被害者家族がコメントを残したことで広まった。現在、この飲食店は閉店している。
また、事件をモチーフにした映画『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』(14)で主演を務めた女優のチョン・ウヒが、人気バラエティで撮影当時について言及したことで、ネットを見ない層にも広く知れ渡った。

そんななか、加害者の一人が“身バレ”し、職場からクビを切られたようだ。
6月9日、韓国ユーチューバー「ktownstar」は、慶尚南道・金海(キョンサンナムド・キメ)に位置する電子製品製造会社の社員が、密陽事件の加害者の一人だとして身元を暴露。この情報がネット上で広まると、同社のホームページは一時的にダウンした。
その後、同社は12日に「社会的にイシューになっている事件に関して、内部で当該職員に待機を発令し、事実関係に基づいて措置する予定だ」発表し、17日には「社会的にイシューになっている事件に関して、当該職員は退社処理した」と公示した。
事件当時、加害者のうち20人は少年院に送られたが、残りは被害者との合意などにより“公訴権なし”で終わった。当然、世間の反発は大きかったが、加害者も未成年だったことで後味の悪い結末となった。
しかし20年が経ち、ユーチューブやSNSが発展したことにより“制裁”を受けることになった加害者。今後もこのような流れが続く可能性は高いとみられる。
(文=サーチコリアニュース編集部K)