昭和という時代にスポットを当て、天守再建の背景にある戦後復興や町おこしのドラマに迫る「昭和お城ヒストリー」から、岐阜城の回をご紹介。昨年の大河ドラマ「麒麟がくる」でも話題だったこのお城。実は実は現在の天守は2代目というのはご存知でしょうか?

市民が建てた最初の城

「木造トタン葺きの三層三階の天守」といえばどの城を思い浮かべるだろうか? 
いきなり質問となるが頭の体操だと思ってお付き合い頂きたい。

ヒント1:織田信長が天下布武を唱えた城。
ヒント2:古くは稲葉山城と呼ばれていた。
ヒント3:金華山の山頂にそびえ建ち、岐阜市街を見下ろしている。

もう、お分かりだと思う。そう、岐阜城である。岐阜城は三層四階の模擬天守じゃないか? 
という突っ込みが入るのは覚悟の上。実は現在の模擬天守は2代目で、明治から昭和はじめ頃まで、「木造トタン葺き」の三層三階の天守が建っていたのである。

ことの起こりは幕末の動乱も一昔前の出来事となった明治20年(1887)頃。西洋文化の影響を受けた散歩や登山が流行しはじめており、金華山も人びとの憩いの場となっていく。明治21年(1888)には整備された公園がオープン。その後、公園は岐阜市に移管され岐阜公園と改称された。こうして徐々に金華山整備の気運は高まっていった。

そして明治42年(1909)、金華山西麓にある長良橋を建て替える際に出た廃材を利用し、岐阜市保勝会(現在でいう観光協会)と岐阜建築業組合による天守造りがはじまった。

翌年5月に落成式を迎えた城は、白く塗った板張りの壁にトタン葺きの屋根を持つ、高さ15・15mの日本初の常設の模擬天守だった。建設費用は500円という。新しい岐阜市のシンボルとなった城には、来場者が多く訪れ、明治43年(1910)6月から翌年4月はじめまで43,900余人、一日平均約140 人が登山した。