【GW日本の100名城制覇旅】四国編:<1・2日目>四国の日本100名城全9城を4日でめぐろう!

【GW日本の100名城制覇旅】四国編:<1・2日目>四国の日本100名城全9城を4日でめぐろう!

今年のゴールデンウィークは最大10日! せっかくの休暇、家でゆっくりするだけではもったいないですよね。4月から5月は気候も暖かくなり、城歩きにも適した季節。そこで、連休を利用して城めぐりに繰り出してみてはいかがでしょうか。今回は、四国の100名城を制覇できる3泊4日のコースを紹介。こちらの記事では1日目・2日目の巡り方をご案内します!

[1日目]南海随一の名城と名高い高知城から桂浜へ
東京・羽田空港から約1時間30分、大阪・大阪国際空港(伊丹空港)からさらに約50分の空の旅を経て、高知空港に到着。高知空港からバスに乗り込み約25分で高知駅に到着。そこから路面電車に乗り換えて高知城を目指します。

高知城は、土佐藩庁として代々山内氏が城主を務めた城。関ヶ原の戦い後には、山内一豊が入封し現在の城の形を造りました。土佐藩は、幕末には坂本龍馬などの志士を輩出した地としても有名ですね。また、本丸御殿と天守の両方が現存する全国唯一の城でもあります。

追手門をくぐりいざ入城! 本丸までの石垣をじっくり見ながら歩くと所々に飛び出た石が見受けられます。これは「石樋(いしづい)」といって、排水が直接石垣に当たって泥水が目詰まりを起こさないようにする排水設備です。多雨地域で位置する高知城ならではのめずらしい設備と言えるでしょう。

本丸には、天守、本丸御殿、黒鉄門、西多聞、東多聞などがあり、いずれも国の重要文化財に指定されています。天守と本丸御殿は繋がっており、本丸御殿の入口には日本100名城のスタンプが。また、日本で唯一現存している、敵の侵入から天守を守るための「忍び返し」は見逃さないように。その他にも、三の丸から出土した長宗我部時代の石垣や初代土佐藩主の山内一豊像など見どころが盛りだくさんです。

たっぷり歩いてお腹がすいたら、高知城から徒歩約5分の「ひろめ市場」に行ってみましょう。新鮮な海産物や高知県名物を味わえます。また、バスに乗って約40分の桂浜周辺に足をのばすのもオススメ。名勝桂浜周辺には、龍馬像や龍馬記念館、桂浜水族館などがあります。

桂浜観光を終えたら、電車があれば宇和島駅に、無ければ高知駅周辺に一泊。翌日は相当な距離を歩くので、ゆっくり休んで2日目に備えましょう。


関連記事

城びとの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

神奈川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索