【平成最後の築城】 江戸時代にも民衆の力で本丸御殿を再建した尼崎城

【平成最後の築城】 江戸時代にも民衆の力で本丸御殿を再建した尼崎城

「平成最後の再建」として話題の尼崎城。3月29日から一般公開が始まりました。寄付がきっかけとなり再建に至った尼崎城ですが、実は江戸時代にも民衆の力によって本丸御殿が再建されたエピソードが残ります。そんなドラマチックな尼崎城の歴史や、オープンした天守の最新情報、尼崎城が感じられる城下町の散策についてご紹介します。

寄付がきっかけとなり尼崎城再建がスタート
尼崎城は明治6年(1873)に廃城となり取り壊されました。240年以上の時を経て、家電量販店・ミドリ電化(現エディオン)の創業者・安保詮(あぼあきら)氏が約10億円の私費を投じたのをきっかけに再建に向けて始動。「一枚瓦寄附」や「一口城主寄附」を募る「尼崎城プロジェクト」も盛り上がる中、3月29日から再建された尼崎城天守の一般公開が始まりました。

最新技術を駆使した展示で尼崎の歴史が体感できる
現在の天守が建っている場所や向きは異なりますが、外観は当時の絵図面を元に忠実に再現されています。入城するとエレベーターでまずは5階へ。「展望ゾーン」になっており、尼崎の街並みが一望できます。4階は「ギャラリーゾーン」。2019年4月現在、尼崎出身の城郭画家・荻原一青(おぎはらいっせい)氏の「名城手拭百城」が展示されています。

3階は「なりきり体験ゾーン」。貸出衣装を身につけて尼崎城主やお姫様になりきることができます。またキッズスペースも併設されています。2階は「尼崎城ゾーン」。パネル展示によって、尼崎城の歴史が分かりやすく学べ、VR(仮想現実)で再現された尼崎城下町を幅10mの大画面で楽しむこともできます。1階は「尼崎まちあるきゾーン」。尼崎の町を過去と現在を対比させた展示コーナーになっています。尼崎城グッズを取り扱ったショップもありますよ。

尼崎城址公園に設置された鯱(しゃちほこ)をあしらった「尼崎城シャチホコ丸ポスト」もお見逃しなく。尼崎城再建と合わせて2019年3月に設置された鯱は、城の守り神であり、火事になった場合は水を吹いて火を消すと考えられていますので、縁起がいいですね。


関連記事

城びとの他の記事もみる

関西の主要なニュース

兵庫 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索