古くは阿騎野(あきの)と呼ばれ、『万葉集』ゆかりの地でもある宇陀(うだ)の地。戦国時代末期にこの地に築かれた宇陀松山城は、豊臣秀吉の家臣たちが改修を重ねた織豊(しょくほう)系城郭。往時を偲ばせる総石垣造りの跡が現在も残っています。

また、麓には重要伝統的建造物群保存地区に選定された古い町並みが残り、散策を楽しめる景観が広がっています。

『万葉集』からタイムスリップ!続々現れる織豊期の石垣

『万葉集』に詠まれた葛(くず)の名産地として知られる宇陀松山(現在の奈良県宇陀市大宇陀町松山地区)。重要伝統的建造物群保存地区に選定された古い町並みが今も残っています。その中でも、葛を始めとした約250種類もの薬草が見学できる、日本最古の薬草園「森野旧薬園(もりのきゅうやくえん)」に思わず足が止まります。

そして森野旧薬園沿いの整備された道を進むにつれて、『万葉集』の世界から一気に戦国時代の世界に突入します。登るにつれて姿を現す荒々しい石垣は、織田信長ゆかりの織豊期の石垣群。

本丸・天守郭などの中心部は総石垣造りにした巨大な山城ということに気づきます。大坂夏の陣の後に取り壊しになった宇陀松山城ですが、破却を逃れた石垣が今も多く残っています。

頂上部からは、南側に奈良県南部を延びる修験道の聖地として知られる大峰山系(おおみねさんけい)、北側には京都を望むことができます。大和(奈良県)を抑えるための要衝の地でした。