お城に関する素朴な疑問を、初心者向けにわかりやすく解説する城びとの人気連載連載「超入門! お城セミナー」。今回は、城めぐりが楽しくなる実践的なテーマをご用意! 地名や町の構造など、普段とはひと味違う城めぐりが楽しめる城跡探しのヒントをご紹介します。

各地に残る知られざる城を探してみよう
2018年に「第1回 【鑑賞】お城へ行くにはどんな格好がいいの?」からはじまった「超入門!お城セミナー」も100回目。これまでこの連載では、城の構造や歴史、鑑賞の仕方など、様々な知識を紹介してきましたが、今回は実際の城めぐりにも役に立つ「城跡を探すヒント」がテーマです。

城めぐりの計画を立てる際は、城の書籍や自治体の情報、地図アプリなどを使って訪れる人が多いと思います。ですが、今回はより城歩きが楽しくなる方法の一つとして、それらに頼らない城跡の探し方を伝授します!

日本全国には3万とも4万ともいわれるほど、無数の城があるといいます。つまり、観光地として知られている城は、全体のごく一部にすぎないということ。地元の人しか知らない城、地元の人にもほとんど知られていない城がものすごくたくさんあるということになるわけですが、それって一体どんな所にあるのでしょうか?

お城を探す時に注目してほしいポイントは、地名、街の構造、そして地形です。軍事拠点、領主の住処、地域の政庁と、時代とともに多くの役割を担うようになった城。そんな城があった場所は、少し注意して探してみると、それらしい痕跡をとどめているものです。