2016年4月に発生した熊本大地震から約4年弱。熊本城大天守の外観復旧を記念した特別公開が2019年10月5日からスタートした。そして、2020年6月からは第2弾の特別公開が、今年は天守閣全体の第3弾の特別公開も予定されている。城全体の完全な復旧まではこの先18年以上の年月が予定されているが、特別公開は復興への大きなステップである。今回は、熊本城総合事務所・副所長の濵田清美さんに特別公開までの経緯やその見どころ、復興の課題と今後の予定について聞いた。写真とともに紹介しよう。

〝難攻不落の城〟ゆえに復旧工事も〝苦戦〟
熊本空港から熊本市街地までレンタカーで約40分。車から降りてすぐに目に飛び込んできたのは、まばゆいばかりに白光りする、丘陵にそびえ立つ大天守の姿だった。熊本大地震によって鯱や瓦が崩れ落ちた大天守は、その後建物全体が足場に覆われ、復旧工事が進められてきた。外観の工事を終えた大天守は、瓦が葺き直され、まるで〝新築〟のようによみがえったのである。市街地から眺める威風堂々としたその姿は、熊本城の復興が着実に進んでいることを象徴するようなたたずまいだった。

2018年3月に策定された熊本城復旧基本計画において、熊本市は天守閣の復旧を最優先で行うことを発表した。被害が城の全域に及ぶなか、天守閣の復旧が優先されたのはなぜなのか。日々、熊本城復旧に携わる、熊本城総合事務所副所長の濵田清美さんにうかがった。

(濵田) なぜ天守閣が優先されたかというと、地震直後から、天守閣復旧を願う多くの市民の声が届けられたからです。「元気のない天守閣を見ると、自分たちも元気が出らん」、「一刻も早く復旧してほしい」という声を何度もいただきました。

明治の西南戦争直前に焼失し、1960年(昭和35)に市民・県民からの寄付によって再建された熊本城の天守閣は、丘陵の上にあって街からよく見えるということもあり、熊本のシンボル的な存在になっています。震災で傷ついた天守閣を見て、「熊本城は私たちの心の支えだったんだ」と気づいた市民の方も多いのではないでしょうか。

もうひとつ、技術的な面で、天守閣の復旧が優先された理由があります。天守閣は石垣の上に鉄筋コンクリート製の外観復元天守が建っているのですが、じつは大天守は8本、小天守は4本の杭で支えられており、石垣が崩落しても建物は倒壊を免れました。また、杭には損傷がなく、大天守は建物と石垣が直接接していなかったため、石垣と建物の修復を同時に進めることができるとわかったのです。

ただし、小天守は建物の一部が石垣に直接載っていたため、建物のダメージは大天守より大きかった。また、石垣も大きく崩落しており、石垣の復旧後に建物の修復を行う必要がありました。大天守のほうが復旧が早く、小天守の工事に時間がかかっているのはそれが理由です。

熊本城は、築城名人と謳われる加藤清正によって築かれた堅城として名高い。城の四囲には10mを超す高石垣が立ちはだかり、城内に入っても複雑な虎口や屈曲した登城道が攻め手を阻んでいる。城ファンから〝史上最強の城〟に推されることも多いゆえんだ。ただし、その〝鉄壁さ〟が、復旧工事の障害にもなっているという。どういうことか。

(濵田) 熊本城は「難攻不落の城」と称されるとおり、「守りやすく攻めにくい」構造をしているのですが、それが復旧工事のやりにくさに直結しています。石垣に囲まれた通路は狭く、工事車両の通行を妨げていたからです。