史実に基づいて復元された、迫力満点の「黒い天守」がシンボルの岡山城。天守が立つ本丸に3つの御殿があった大規模な城郭で、不等辺五角形の天守台や、発掘調査で見つかった鋭角の石垣など、全国的に珍しい遺構が残っています。2021年6月1日から「令和の改修」に入り、天守は1年以上のリニューアル休館となっています。

宇喜多秀家が築いた黒い天守
岡山城(岡山県岡山市)は、戦国武将・宇喜多直家が基礎をつくり、直家の子・宇喜多秀家が豊臣秀吉の意見に従って改修をおこない、8年がかりの工事によって慶長2年(1597)に完成しました。黒漆塗りの板を取りつけた漆黒の天守から、「烏城(うじょう)」の別名で親しまれています。

完成からわずか3年後の慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いで西軍の主力をになった宇喜多秀家軍は壊滅し、戦後に秀家は八丈島へと流され、「戦国大名」宇喜多氏は滅びてしまいました。

池田氏に城主が替わると、17世紀末には岡山城沿いを流れる旭川の対岸に、大名庭園「後楽園」を築造しました。天守は第二次世界大戦で焼失しましたが、戦後に再建され、外観は旧来の通りに復元されています。焼失前の天守では、現在の入口の部分に石垣が続き、塩蔵の1階が入口でした。塩蔵から入って階段を上がり、1階へ進むのが本来の登城順路だったのです。

2021年6月1日からはじまる「令和の改修」では、どのように変わるのか楽しみですね。