毎年、小・中学生による「城」をテーマにした自由研究が集まる「城の自由研究コンテスト」。その年の優秀作品は年末に開催される「お城EXPO」で展示され、大人顔負けのハイレベルな作品の数々をご覧になった方も多いでしょう。今回は、2020年度に募集された第19回小学生・中学生「城の自由研究コンテスト」の審査結果をレポート。また併せて、審査委員長の加藤理文先生による講評もご紹介します。

「城の自由研究コンテスト」とは?


毎年小学生・中学生を対象にお城をテーマにした自由研究を募集し、12月に入賞作品を発表、翌年1月に表彰式を行っているコンテスト。2016年から優秀作品が「お城EXPO」で展示されるようになり、お城ファンの間での認知度も注目度も一気にアップしました。個人でも団体でも応募でき、応募作品は1次審査から最終審査まで3回の審査を経て、文部科学大臣賞、日本城郭協会賞、ワン・パブリッシング賞、審査員特別賞、優秀賞、佳作を選出。審査員の先生方によると、応募作品の完成度は年を追うごとにアップしているそうです!

第19回小学生・中学生「城の自由研究コンテスト」審査結果を発表!
2020年に募集された第19回のコンテストは、個人応募52作品、団体応募16団体220作品の計272作品の応募がありました。コロナ禍の影響もあり応募数は前年を下回りましたが、住まいの近所にある城郭跡を研究テーマにしたものも多く見られ、今まで訪ねたことがなかった城郭に目を向けたり、今までにない視点と切り口による研究が目立ったそうです。

そんな中、33作品が1次審査を通過し、さらに18作品が2次審査を通過。そして最終審査で各審査員の採点と評価で最高得点を集めた作品に文部科学大臣賞、続く高得点の作品に日本城郭協会賞とワン・パブリッシング賞を受賞 。それでもなお審査員泣かせの優秀作品が多かったことから、今回は審査員特別賞に3作品、優秀賞に4作品、佳作に8作品が選ばれました。