埼玉県のほぼ中央に位置する比企郡一帯は、恵まれた城の密集地! 鎌倉街道上道が縦断し交通の要所でもありました。菅谷館(すがややかた)跡は2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも登場する予定の畠山重忠の居館と伝わる場所で、戦国時代に現在の状態に改修されたと考えられています。史跡内はかなり良好な状態で土塁や空堀が残り、まさに埼玉県を代表する土の城です。そんな菅谷館跡や、菅谷館跡をより深く学べる埼玉県立嵐山史跡の博物館についても、お城マニアで観光ライターのいなもとかおりさんがご紹介します!

菅谷館の歴史を彩る登場人物を一挙ご紹介

菅谷館(埼玉県)が最初に記録に登場するのは、文治3年(1187)のこと。鎌倉幕府が編纂した歴史書『吾妻鏡』によると、謀反の嫌疑をかけられた畠山重忠(はたけやま しげただ)という人物が、身の潔白を訴えるため「武蔵国菅谷館」に引きこもったと記されています。畠山重忠とは源平の戦い、木曽義仲を滅ぼした宇治川の戦い、そして奥州合戦などでも功績を残した幕府の有力御家人。勇猛で清廉潔白な彼は「鎌倉武士の鑑」と讃えられました。

北条義時が執権に就任した元久2年(1205)には、有力御家人が次々と謀殺されていき、重忠も「菅屋の館」を出陣し二俣川の辺りで討ち取られてしまいました(畠山重忠の乱)。この『吾妻鏡』に登場する重忠の館が、嵐山町の菅谷館だと考えられています。

戦国時代に突入した15世紀後半の関東は、古河公方や堀越公方、さらには関東管領の山内上杉氏と扇谷上杉氏が対立し、関東は泥沼のような戦争状態になっていました。

菅谷館周辺でも山内上杉氏と扇谷上杉氏の両上杉氏が戦った須賀谷原合戦(1488年)が勃発。比企のあたりには30以上もの城がありますが、ほとんどの城がこの時代に築かれたと考えられています。