コロナ禍の影響でなかなか気軽に外出できない“籠城”期間が続き、「お城へ行きたい!」気持ちは高まるばかり…。そんな皆さんに、「お城に行った気になれる」お城のガイド本から、「お城が登場する物語を楽しめる」小説まで、城びと編集部と城びとアンバサダーがピックアップ! ぜひご自身の興味に合った一冊を見つけてください。

お城ガイドから小説・漫画まで、城びと編集部&アンバサダーのおすすめをご紹介!
籠城期間が続き、皆さん「お城へ行きたい!」熱が高まっていると思われます。そこで、城びと編集部とアンバサダーが、お城のガイドや小説、漫画など、お城・歴史に関する本でお気に入りをピックアップしてご紹介! 

ガイド本でキレイな写真を眺めながら、お城へ行きたい欲求を満たしたり旅の計画を立てるもよし。初心者でも分かりやすい解説書を熟読し、いつか実際に行ける日が来た時のために“予習”するもよし。おうち時間がたっぷりある今だからこそできる、お城の楽しみ方を体験してみてください。

■『ヘンテコ城めぐり』 長谷川ヨシテル(れきしクン)(柏書房)
(概要)
「れきしクン」としてテレビでもおなじみの著者が、「桃太郎の鬼が住んでいた」「城内をジェットコースターが疾走!」といった、日本各地のお城の珍エピソードや現存12天守の意外な話までを語りつくす城LOVEに満ち満ちたユニークなお城ガイド。
 
(おすすめ)
超有名なお城からマニアックなお城まで、ちょっと人に話したくなるような各お城のエピソードがこれでもかと詰め込まれた1冊。たとえば、鳥羽城(三重県)は「魚ファースト」というか「ボラファースト」なお城として紹介されますが、それはどうしてなのか? ほかにもスーパーマリオゆかりだったり、ダイナマイトで爆破されたり、忘年会で酔いつぶれたすきをつかれて落城したりと、個性豊かな城にまつわるお話が楽しめます。しかも、人物名や用語には、たとえば仙石忠政は「父は人気漫画『センゴク』の主人公・仙石秀久」、最上八楯は「出羽の有力な勢力ベスト8」なんて、初心者にもわかりやすいかみ砕いた註釈がついている、とっても優しいつくりです。そして、なんとあとがきでは、お城サイトとして「城びと」を紹介していただいている(ありがとうございます!)のです。これは読まずにはいられませんね! (城びと編集部)