2021年6月15日から7月31日まで城びとで募集していたお城川柳。お城川柳とは、「お城生活」や「お城好き・歴史好きあるある」等を題材にした川柳で、籠城が続く日々、せめてオンラインでお城生活を潤そう!ということで募集したところ、たくさんの投稿をいただきました。名句ぞろいの中から厳選し、「城びと賞」等の受賞作を発表します。

季語のいらない5・7・5の17音で詠まれる川柳と聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは「サラリーマン川柳」ではないでしょうか。その多くはサラリーマンの悲哀をユーモア交じりに詠んだもので、スパイスの効いた一句に思わずクスッとしたり唸ったりしてしまいますが、お城好き・歴史好きにもそうした川柳のネタにピッタリな体験、ありますよね。

そこで城びとが、お城な日々を楽しんでいる皆さんから「お城生活」や「お城好き・歴史好きあるある」等を題材にした川柳を募集したところ、本当にたくさんの投稿をいただきました! その数なんと418句! 力作ぞろいの中から編集部が厳選した「城びと賞」と「特別賞」、さらに城びとアンバサダーの審査による「アンバサダー賞」「アンバサダー特別賞」の受賞者および川柳を発表します!

①城びと賞※投稿順
■しゅふしゅふさん「城跡に 何もないけど それがいい」

「○○跡」とか「遺構」とか書いてあるのに、広場だったり草むらだったり……でも、かえって想像力がフル回転したりするのです!! それが楽しい!!

<編集部より>
お城好きのあるあるといえばコレ! 建造物がない城跡は全国各地に多く、お城に興味のない人から「何もない」と言われそうなもの。建造物はないけれど…いや、ないからこそ、「どんな城だったのかな」と自分で妄想する余白ができて楽しいんですよね。「それがいい」と言い切っているところ、それがいい!