日本城郭協会の公益財団法人移行10周年を記念して創設された、日本城郭協会大賞、日本城郭文化振興賞、日本城郭文化特別賞。城郭文化の振興に貢献した団体及び個人を顕彰する目的の賞です。受賞された団体へのインタビュー2回目は、日本城郭文化振興賞を受賞した、「番場の歴史を知り明日を考える会」の取り組みをご紹介します。
今回は授賞式にも参加した、日本城郭文化振興賞を受賞した、「番場の歴史を知り明日を考える会」の泉さん、酒井さん、宮川さんにお話を伺いました。最初は「鎌刃城というお城を知らなかった」というみなさん。そこからどのように保全・普及活動に携わってきたのでしょうか。

【鎌刃城(滋賀県)の概要】
浅井氏・京極氏と六角氏の攻防の舞台となった山城、鎌刃城(滋賀県米原市)。築城時期などは未だわかっておらず、発掘調査なども進められています。現在は調査はされていません。そんな鎌刃城の啓発・普及・保存活動に取り組んでいるのが、民間管理組織「番場の歴史を知り明日を考える会」(滋賀県)。平成4年に発足し、地元番場の歴史を伝えるべく講演会や鎌刃祭りなど様々な企画も継続的に行い、今年で30周年という記念すべき年に城郭文化振興賞の受賞に至りました。

地元の小学生の印象に残る取り組みを続けていきたい
(編)この度は受賞おめでとうございます。今回の受賞の喜びや、取り組みについてお聞かせください。
(泉さん)大変ありがとうございます。5年前に続日本100名城に制定されてから、それ以降たくさんの人が全国から訪れてくれて、地域が活性化してきて喜んでいたんです。また、今回の受賞も、特に第1回の文化振興賞というのにも意味があると感じています。
中井均先生とは、会ができる30年以上前からのお付き合い。ほとんどの方が鎌刃城を知らない頃から、先生には城跡の勉強会や発掘調査、町・県・国史跡指定とお世話になってきました。

(編)そんな前からのお付き合いなんですね。
(泉さん)鎌刃城は、我々も長年住んでいても名前を知らない存在だったんです。
今は毎年地元の小学6年生に鎌刃城登山ということで、歴史の勉強や森林体験をしてもらっています。少しは印象に残る取り組みを続けていきたいですね。