働き方が変わり在宅時間が増える昨今。ライフスタイルの多様化によって家電に求めるニーズも広がっている。パナソニックは、ライフスタイルに合わせて自分仕様に家電のスペックを合わせることができるマイスペック家電、『ライス&クッカー(SR-UNX101)』と『ビストロ(NE-UBS5A)』を新たに展開する。コンセプトは「フルスペックから、マイスペックへ」。何もかもが搭載されたフルスペック家電ではなく、自分のライフスタイルに合う機能を独自のアプリ“Kitchen Pocket”からカスタマイズすることができる。

とことんシンプルに「ライス&クッカー(SR-UNX101)」
特徴的なのは、こちらのシンプルなデザイン。余計なボタンや文字を徹底的に削ぎ落したシンプルで洗練されたデザイン。機能も大切だが、キッチンの空間を演出するデザインも外せない要素の一つである。

シンプルなデザインながら、そのコンセプトは革新的。購入時は基本的な機能だけを搭載しているが、パナソニックのアプリ“Kitchen Pocket”と連動することで、欲しい機能を後付けで搭載していくことができる。もちろん、ライフスタイルの変化に合わせて、機能を削除することも可能である。つまりその時、その人のライフスタイルに合ったメニューや使い方にカスタマイズすることができるのだ。

アプリには25通りの炊き分けコースが登録されているが、その中から良く使う3つのコースを本体に登録しておくことができる。コースとしては、「白米 銀シャリ(ふつう・かため・やわらかめ)」「白米 早炊き」「白米 すし・カレー用」「白米 冷凍用」「雑穀米」等のコースが登録されている。最もよく利用する3つのコースを本体に登録しておけば、ボタン一つで、簡単に上質な炊飯が楽しめる。

また、自動調理機能も登録されているので炊飯だけでなく煮物やスープ、ケーキ等もライス&クッカーで楽しむことができる。まさに1台で何役もこなしてくれる最先端IoT家電。現時点で自動調理メニューは10種類しか登録されていないが、今後は「DEAN&DELUCA」監修のメニューも登録予定とのこと。メニューの広がりも楽しみの一つになる。

そして、注目すべきポイントはシンプルなデザイン。凸凹が少なく見た目もノイズレスですっきりとした天面のため、汚れがついてもサッとふき取ることができる。掃除がしやすく常に美しい状態を維持できるのは嬉しいポイントだ。

必要な機能を必要な時に「ビストロ(NE-UBS5A)」
こちらも同様に、最初は基本機能のみを搭載した商品だが、自分にとって必要な機能を選び、後から追加できるIoT対応のオーブンレンジである。

本体のボタンもセレクト&プッシュダイヤル・キャンセルボタンがあるのみ。余計な説明やボタンが無いだけあり、インテリアとしての活躍も期待できる。

普通に温める場合は通常通りスタートボタンを押すのみ。既定のメニューを調理する場合はアプリからメニューを選択し本体に送信。その後、本体のスタートボタンを押すと調理スタート。

また、メニューだけでなく、温め設定(ワット数と時間)を登録しておけるのでよく使用するワット数と時間が決まっている際は登録すればワンタッチで温めることができる。

また、筆者的に嬉しいポイントは内側部分である。フラットな設計のため汚れが付着しても掃除がしやすくきれいな状態を保つことができる。

両機種ともに9月1日より発売開始。推定市場価格はビストロ65000円 (税込)、ライス&クッカー45000円 (税込)を予定している。

自分好みに家電をカスタマイズし、ゆとりを持ったライフスタイルを過ごしてみてはいかがだろうか。