色とりどりのカラーストーン40種以上を取り扱う「ビズー梅田店」を大阪梅田にある商業施設「グランフロント大阪」南館3階に2021年9月23日(木・祝)オープンする。同店は、全国10店目の常設店で、大阪では心斎橋店に次ぐ2店舗目。梅田店では天然カラーストーン40種以上を展開する。

梅田店の目玉は、藍色から青の神秘的なグラデーションを楽しめる「バイカラーインディゴブルートルマリン」を使った梅田店限定のネックレス。直線的なカットが石の色彩の美しさを引き出す「セラム」シリーズの新作だ。くすみがかったピンクと青みのあるグリーンのコントラストが鮮やかな「バイカラートルマリン(ブラジル産)」を使ったリングとネックレスも展開する。メインのカラーストーンをダイヤモンドがぐるりと取り囲み、ラグジュアリーな雰囲気のシリーズ「ディアーヌ」の新作で、梅田店で先行販売する。

ご近所へのお出かけやちょっとしたショッピングなど、日常使いしやすいデザインと価格帯の「ワンマイルジュエリー」シリーズも展開。今春発売した9種のカラーストーンを使ったリング、ピアス、ネックレスなど24アイテムの新作を含む計37アイテムを新店にも揃える。

華奢ながら、単独でも重ね着けでも楽しめて、日常のラフなファッションに合わせやすいジュエリーばかり。地金はK10を中心に使用し、価格帯は税込1万2100円〜3万1900円で、「ビズー」のジュエリーを初めて手に取る方にもオススメ。

中でも売れ筋は、オンライン会議などに重宝する「イヤーカフ」。ピアスと異なり耳に挟むだけと手軽で、マスク着脱時にも引っ掛かりにくく、“リモート映え”する点が好評とのこと。「ブルームーンストーン」や「アクアマリン」、「ダイヤモンド」を使ったデザインが人気となっている。

店内には関西で初となる“カスタムオーダー専用”のカウンターを導入。カスタムオーダーは、まず約25種の宝石から、お気に入りのカラーや自身の誕生石など1石を選択。次に、石を入れるデザインの枠(リングは最大5種、ネックレスやペンダントトップは最大4種)とお好みの地金カラーで、リングまたはネックレス、ペンダントトップに仕立てる(受注生産)。同じ石でも、色や輝きに個体差があるので、自分の目で確かめながら、お気に入りのジュエリーをつくることができる。

枠は、宝石の個性を最大限に活かすシンプルなものや、金細工が華やかさをもたらすものなど、多彩なデザインを用意。店内には天板に大理石を用いたアンティークのテーブルを設えるなど、「ビズー」のジュエリー同様、モダンとアンティークの要素を同居する。

独自の買い付けルートを持ち、国内最多級のカラーストーンを扱う「ビズー」の色彩豊かなジュエリーが出迎える店内で、心ゆくまで自分にぴったりのジュエリー選びを楽しんでみてはいかがだろうか。

〈ビズー梅田店〉
https://bizoux.jp/pages/umeda