1990年代前半までは映画の取材はのんびりムード。数日かけてインタビューや撮影したものだった…といっても、まさかスターが自宅にやってくるなんて体験は希少。ベテランライター金子さんが、彼らを手料理でもてなしたり、あまつさえ泊まらせたり…という貴重なエピソード!

グロリア・イップ、我が家に4泊!


駆け出しの映画ライターだった頃から、企画ページやスターのインタビューをたくさん書かせていただき、「ロードショー」は私にとってありがたい<修行の場>でした。そしていま振り返ると爆笑&冷や汗エピソードが数え切れないほど浮かびますが、とりわけふたつの “スターが我が家にやってきた!”が忘れられません。

まずは、日本・香港合作映画『孔雀王』(1988)で人気爆発した香港アイドル、グロリア・イップ。当時「ロードショー」の表紙を飾り写真集も出版し、来日も頻繁。そんなおり、当時の本誌編集者H氏に紹介されたのが、グロリア担当の女性マネジャー。彼女とは同世代ということもあって意気投合し、グロリア同伴で食事などもご一緒するようになりました。


表紙を飾った可憐なグロリア・イップ。大特集されるほどの人気だった
©ロードショー1989年6月号/集英社


そしてあるとき、グロリアが「ご主人は何歳? 職業は? お家は何部屋あるの?」と私の身上調査を開始し、それに答えると「じゃぁ、私が泊まる部屋はあるわね」とにっこり。聞けば、久しぶりの休日を日本で過ごしたいけれど、ご両親が「未成年のうちは、ひとりでホテルに泊まってはダメ。身元のしっかりした大人の家に泊まるなら、許す」とおっしゃっているとのことでした。まぁ、我が家が身元のしっかりした大人の家庭かは別として、とにかく”スターが我が家にご宿泊“することに。それも4泊ほど(笑)。

空っぽの大きなスーツケースを2個も携えてやってきたグロリアは、到着するとまずご両親に電話をし、私も「お預かりいたします」のご挨拶をさせていただいて”手続き“完了。すると休む間もなくショッピングアニマルと化した彼女に連れられて原宿・渋谷・青山めぐり。彼女のハマっていた原宿ブランド「MILK」には日参し爆買いでした。

ちなみに、毎夕食時には前出の編集者H氏と、多くの香港映画を日本に配給していた東宝東和の宣伝マンK氏などのおじさんたちが我が家を訪れ、”ご機嫌伺い“という名目の酒盛りが始まります。当然、ショッピング疲れの未成年はご飯を食べながら今日の出来事などをお話した後は、さっさと寝室に引き上げてしまうのですが(笑)。

いや〜、本当にグロリアはかわいかったです。お行儀もよくて、明るくて。おじさん軍団の一員と化した我が夫も、グロリアに懐かれて、甘えられて、もうとろけっぱなし! まるで愛娘のようでした。


浴衣のマシューと花火…デートのような思い出


ふたり目の“スター来訪”は、『メンフィス・ベル』(1990)を携えて来日したマシュー・モディーン。彼が配給会社ワーナーブラザースの宣伝マンH氏に「日本の家庭におじゃましてみたい」と囁いたのが事の始まりで、H氏は手っ取り早く「金子さんちで、いいんじゃない。ホテルからも近いし」とひと言。

かくして、Hollywood star coming!

当日は、マシューが同伴してきた友人で、のちに監督作『イン・ザ・ベッドルーム』(2001)がアカデミー賞候補にもなるトッド・フィールドと、通訳を担当していた字幕翻訳者の戸田奈津子さん、そしてH氏にその他数名の映画関係者が我が家に集まり宴会。ちなみに、スターおもてなしメニューは刺身盛り合わせ、豆腐サラダ、唐揚げ、手作り餃子、きんぴら、漬物etc.と、手作りながら居酒屋みたいでお恥ずかしいかぎり。それでも、スターのお口に合ったようで、ほっとひと安心。みなさんよく呑み、よく食べて、深夜にご帰宅でした。

そして、4年後。『ショート・カッツ』(1993)のプロモーションで来日したマシューと、「ロードショー」のインタビュアーとして再会。そのときに彼が「今回は、宣伝費の関係で温泉に行けないみたい」とポツリ。お節介な私は当時の「ロードショー」の編集長K氏に「なんとかなりませんかねぇ? プライベート写真は撮り放題ですが」と、まるでセコいマネージャーのような囁き(冷や汗)。

すると編集長は。「いいよ、那須にある我が社の保養施設でよければ。温泉もあるしね。ロケバスで行けばいいんじゃない」とあっさり手配をしてくださった。いやはや、太っ腹! おかげで、素晴らしい泉質の温泉と地元食材を使った料理を堪能し、近所で催されていた盆踊りにも参加。浴衣姿で踊るマシューの楽しそうなこと!


つんつるてんの浴衣が愛らしいマシューと筆者(左)。真ん中は同行の戸田奈津子さん


この旅には新人編集者S氏が同行し、帰路に日光東照宮の参拝や昼食には湯葉料理店の手配もしてくださって、細やかな心配りに大感謝。まさに“ニッポンの夏休み”を満喫して大喜びのマシューでした。

どのエピソードもいまとなっては、嘘のようなホントのお話。世の中がいまよりもずっとゆっくり進んでいた時代だったからこその“宝物のような時間”を過ごせたことに、感謝するばかりです。


あまり作品に出ていなかったマシューだが、Netflixの大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス』のワルい博士役でカムバック。写真は2016年同作のプレミアでウィノナ・ライダーと。すっかりシブい熟年俳優に
PA Photos/amanaimages