海では思いのままでも、陸に上がれば妻に翻弄されて、自分の人生を見失う船長。彼を惑わせる魅惑の妻を演じたレア・セドゥとは、どんな俳優なのか。アート系作品からメジャーの作品まで、独特の世界を確立している監督から引っ張りだこのレアの魅力に触れながら、大人のラブストーリーを堪能しよう!


じーっくり、みーっちり描かれた大人の恋愛


久しぶりに、恋に落ちて、愛に戸惑う大人の男女の心理状態をじっくりみっちり描いた作品を観た。物語は、1920年のマルタ共和国に貨物船から降り立った船長のヤコブ(ハイス・バナー)が、カフェに最初に入ってきた女性と結婚すると友人に宣言したことから始まる。その最初に現れた女性が、レア・セドゥ演じるリジーという訳ね。いや、そりゃあレア・セドゥなら超ラッキーでしょう。ヤコブは躊躇なく当たって砕けろの心意気で声をかけて、まんまと成功。シリアスなラブストーリーなのに、突拍子もない出だしは快調に進んでいく。


だが、画面が仄暗く、夜の海の水面のショットなどを観ていて不穏な空気を感じていた通りの展開に。新婚の楽しげな時期が過ぎると、ヤコブの心には謎めいた妻リジーに対して猜疑心や嫉妬の気持ちが湧き起こり、結婚生活そのものに翻弄されて苦しむことになる。海では思いのままだが、陸に上がれば情けなくも自分を見失うヤコブ。その心の有りようは、夫ヤコブの視点から妻を見て描かれていく。
リジーは自分が航海で留守の間に浮気をしているのではないか。ヤコブを嫉妬に駆り立てるのは、リジーの友人デダン(ルイ・ガレル)の存在だ。裕福な彼はエレガントな雰囲気もある。フランス人同士のリジーとデダンが親密そうに話している様子を、疑いの目で追うヤコブ。孤独だった海の男が掴んだかに見えた愛と官能の時間は、今では苦悩に満ちていたが、それでもリジーを求めるヤコブだった。



作品に息吹を与える、現実味のある裸


静かに本を読んで夫を待っていたかと思うと、酒場で踊り出す陽気さもあり、奔放でミステリアスな妻のリジー。計算高く、ときに官能的に夫を誘う彼女の多面性を、レア・セドゥが抑え込んだような熱情を持って演じている。夫といがみ合うシーンでも感情を爆発させて叫ぶようなことはせず、彼を哀れみと軽蔑の眼差しで見つめて「気が済んだ?」というようなトドメのひと言を発するのだ。彼女の方が精神的に断然有利。客観的に観て、キツいぜ、おフランスの女房は、と思いましたね、私は。


同時に、レア・セドゥの内面の複雑さを感じさせる佇まいに惹き込まれた。薄味な顔をしているのに、夫を射るような眼差しは鋭く、笑うとスキっ歯が丸見えになり、大人の女性なのに若い女の子のようなチャーミングさがある。そして、レアは大胆に脱ぐ。

ウェス・アンダーソン監督の『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2021)でも絵描きのモデルをするシーンで、思いっきりのフルヌードを見せていたが、その裸が、またなんというか自然の肉付きで現実味のある美しさ。誰とはいわないが、いつまでも若さに固執した人工的な女性美とは全く違って、彼女の裸が作品に生の息吹を与えているのだ。

本作でも官能のシーンは当然重要であるから、夫婦の愛の変遷に従い数シーンある。最も直接的な夫婦のベッドシーンを、ハンガリー人の女性監督イルディーコー・エニュディは引きの構図でとらえていたのが印象的だ。リジーは性的な魅力を持ち合わせている女性だが、その描写を彼女の裸に頼らず、ダンスやちょっとした仕草や彼女の眼差しで表現しているところにも注目。



夫婦の心理描写を丁寧に描くためだろうか、ちょっと長く感じた尺ではあった。正直、もう少し整理して時間短縮したらもっとよかった。ともあれ、たまには観たい大人のマジなラブストーリーであった。


『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』(2022)
原題:A feleségem története 上映時間:1時間49分/ハンガリー、ドイツ、フランス、イタリア
8/12から公開/彩プロ配給
監督/イルディコー・エニュディ 原作/ミラン・フスト
出演/レア・セドゥ ハイス・バナー ルイ・ガレルほか
https://mywife.ayapro.ne.jp/

イラスト・文/石川三千花