【B級フード研究家・野島慎一郎のバカレシピ】超高級スイーツ感覚の次世代ホットサンドが誕生!「ハーゲンダッツのホットサンド」

独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏
独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、甘さを極限まで引き出したスイーツサンド「ハーゲンダッツのホットサンド」!

* * *

【今回の食材】
・食パン 4枚 ・卵 2個 ・ハーゲンダッツデセールバー ショコラバナナクロッカン 1個 ・ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ黒みつ 1個

野島 修理に出してたホットサンドメーカーがようやく返ってきたんだ。というわけで今回はホットサンドのバカレシピを作ってみようかと。

助手 おい! 何週間か前にまったく同じこと言ってた気がするぞ。また機械を壊すッスよ!

野島 そんなにむちゃしませんよ。僕はアイスをよく食べるんですが、期間限定の「華もち 吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ」とデセールバーの「ショコラバナナクロッカン」は大ヒットでした。

助手 華もちのほうは食べたことあるッス。餅が入ってて確かにウマかったッスね〜。

野島 どっちも甘味が強くてね。で、甘さって熱を加えるとさらに強くなるんですよ。ということはこれをホットサンドに入れたらこのアイスの甘さを極限まで引き出したスイーツサンドになるんじゃないかと。

助手 アイスに熱を加えたらドロドロに溶ける......いや、パンで挟むから溶けずに済むのか? これは興味深いッスね!

(1)たまご! 平皿またはボウルに卵を割り入れて溶き、食パンにたっぷりと吸収させる。お好みで砂糖や牛乳を入れてもいいが、今回はハーゲンダッツの甘さを生かすため卵だけにした
(1)たまご! 平皿またはボウルに卵を割り入れて溶き、食パンにたっぷりと吸収させる。お好みで砂糖や牛乳を入れてもいいが、今回はハーゲンダッツの甘さを生かすため卵だけにした

野島 というわけで機械に食パンをセットして、その上にハーゲンダッツをのせようと思いますが、それだけでは芸がない。せっかくなので食パンを卵に浸してフレンチトースト風にしたホットサンドにしてみましょう。

助手 やべぇ......ウマそう。もう、ヨダレが止まらないッス!

(2)のせる! ホットサンドメーカーに卵を吸収させた食パンをのせ、さらにその上にハーゲンダッツを置き、さらに食パンをのせる。デセールバーを使う場合はあらかじめ棒を抜いておこう
(2)のせる! ホットサンドメーカーに卵を吸収させた食パンをのせ、さらにその上にハーゲンダッツを置き、さらに食パンをのせる。デセールバーを使う場合はあらかじめ棒を抜いておこう

野島 はい、それじゃあフタを閉めますよ。ヨイショーッ!

助手 あ! デセールバーのほうの棒を取らないまま閉めちゃったッス。これはヤバイだろ。棒が燃えたらどうすんだ!

(3)プレス! 準備ができたらホットサンドメーカーを閉じてパンを焼き上げよう。アイスはなるべく中央に配置するのがポイント。溶けてしみ出す量を減らすことができるはずだ
(3)プレス! 準備ができたらホットサンドメーカーを閉じてパンを焼き上げよう。アイスはなるべく中央に配置するのがポイント。溶けてしみ出す量を減らすことができるはずだ

野島 炭火焼きみたいになって風味がよくなりそうですねえ。

助手 のんきなこと言ってんな! 消火器スタンバイだ!

野島 心配ご無用、無事に焼き上がりましたよ。ほら!

助手 よかった、棒は無事だったッス。っていうかこれ、メチャクチャいいニオイッスね!

(4)完成! 焼き上がったらなるべく早く食べるべし。アツアツのほうがウマいのはもちろんだが、時間の経過とともに中身がどんどん垂れてくるからだ。食後は機械の掃除も忘れずに
(4)完成! 焼き上がったらなるべく早く食べるべし。アツアツのほうがウマいのはもちろんだが、時間の経過とともに中身がどんどん垂れてくるからだ。食後は機械の掃除も忘れずに

野島 少し中身が溶け出ちゃったからよけいにニオイが強くなってますね。棒を挿したままだから皿に盛ったら昭和のマンガのおでんみたいになりました。これは間違いなくSNSで映える。

助手 映えてるんスかねこれ?っていうか、冷める前に食べちゃうッスよ。......おおっ、こりゃあウマい! そのままハーゲンダッツを食べるのとはまた完全に別物。高級感がヤバい!

野島 激しく甘いハーゲンダッツと甘さ控えめにしたパンのバランスが完璧ですね。これなら毎日でも食べたい。この味が終売しちゃう前にネットで1万個くらい買っておくしかないな!

助手 そんなに冷凍庫に入るわけないだろ!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。笑えるレシピを60本収録した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が好評発売中

撮影/下城英悟


関連記事

週プレNEWSの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る