“美女アタッカー対決”も大盛り上がりの韓国Vリーグ!! 女子バレー韓国代表にも光か

“美女アタッカー対決”も大盛り上がりの韓国Vリーグ!! 女子バレー韓国代表にも光か

Vリーグの2018-2019年シーズンが幕を閉じた。日本のVリーグではない。韓国のVリーグだ。

韓国Vリーグは男子部・女子部があり、今季は2018年10月に開幕。リーグ戦を行ったあと、3月15日からはリーグ戦上位4チームによるポスト・シーズンに突入した。

3戦2先勝方式でプレーオフを勝ち抜いたチームが、5戦3先勝方式のチャンピオンシップを戦うこの時期を韓国では“春バレー”と呼ぶのだが、今年の“韓国・春バレー”を制したのは、男子部は天安(チョンアン)現代(ヒュンダイ)キャピタル・スカイウォーカーズ、女子部は仁川(インチョン)興国(フンブッ)生命ピンクスパイダーズだった。

と書いてもチーム名だけではわかりづらいので日本に馴染みのある選手で説明すると、現代キャピタルは以前インタビューを紹介した韓国男子バレー界のスーパースター、ムン・ソンミンがキャプテンを務めるチームであり、興国生命は世界的なス―パーエース、キム・ヨンギョンがかつて在籍したチームだ。

現代キャピタルは2年ぶり4度目のチャンピオンとなり、興国生命はそのキム・ヨンギョンが活躍した2008年-2009年以来10年ぶりとなる王座戴冠となったが、特に興国生命対韓国道路公社ハイパスの対戦となった女子部のチャンピオンシップは盛り上がった。

実力と美貌を兼ね備えたバレー選手

興国生命は高校時代から有名だった凄腕アタッカーのイ・ジェヨンを擁し、韓国道路公社は美女スパイカーのパク・ジョンアがいる。

その実力と美貌で、2人とも韓国Vリーグ屈指の人気選手となっているだけに注目が高かったのだが、その対決を制したのはイ・ジェョンだった。

イ・ジェヨンはチャンピオンシップ4試合で107得点を記録(1試合平均26.75点)。パク・ジョンアも孤軍奮闘したが、記者投票で選ばれるチャンピオンシップMVPに輝いたのはイ・ジェヨンだった。

特筆すべきはこの2人の活躍によって「Vリーグにトジョン時代が来た」とするメディアが多かったことだ。

トジョンを漢字にすると「土種」。スポーツの世界では「地元選手」「国内選手」を総称するときにしばし使われる言葉だが、これまで韓国のVリーグ女子は外国人選手の依存度が高かった。

各チームには世界各国からやってきた外国人選手をエースにし、彼女たちが各種個人ランキングの上位を独占してきた。

ただ、今季のリーグ戦得点ランキングではイ・ジョンア(624点)が2位、パク・ジョンア(588点)が4位。1位と3位の座は外国人選手に譲ったが、韓国人選手が久しぶりにトップ5に割って入った。

それだけに「韓国女子バレーに再び明るい光」とするメディアもあった。昨年の世界バレーではまさかの1次リーグ敗退し、その直後には代表チーム内の“セクハラ不祥事”が発覚するなど代表レベルにおいては良いニュースがなかっただけに、余計に肯定的に映るのだろう。

その女子バレー韓国代表は史上初の外国人監督を招聘。イタリア出身のステファーノ・ラバリーニ監督を迎え、いよいよ新しいスタートを切る。

5月21日から始まるFIVBネーションズリーグに向けて、4月下旬から本格的なチーム作りに入る。

ラバリーニ監督は近日中に代表候補22人を発表するというが、イ・ジェヨン、パク・ジョンアなどVリーグで活躍した選手たちを主軸に最初のチーム作りを始める見通しだという。

はたしてイタリア人新監督のもとで、イ・ジェョン、パク・ジョンアなど韓国Vリーグの“トジョン”スターたちはどんな活躍を見せるだろうか。ネーションズリーグはまだ先だが、今から楽しみだ。

(文=慎 武宏)


関連記事

S-KOREA(エスコリア)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索