1902年の創業時から根強いファンを持つ、銀座のシンボルともいえる老舗・資生堂パーラー。銀座本店の3階にあるサロン・ド・カフェでは、2021年3月31日(水)まで、時期に合わせて品種を厳選した美味しいイチゴをデザートに仕立て提供する「2021こだわりの苺フェア」を開催中だ。


第2弾となる2月2日(火)〜28日(日)には、「濃姫」「ふくはる香」「古都華」の3品種をそれぞれ贅沢に使用した「ストロベリーパフェ」が登場する。


▲「岐阜県 岐阜市産“濃姫”のストロベリーパフェ」2,000円(税込)。


大粒で甘みと酸味のバランスが整っている岐阜県のオリジナル品種「濃姫」を使用。品のある甘い香りと果肉感、爽やかな後味が口に広がる。


▲「岐阜県 岐阜市産“濃姫”のアイスクリームソーダ」1,150円(税込)。


創業時からアイスクリームやソーダ水で人気を博した資生堂パーラーならではの品。「濃姫」で作ったイチゴソーダに、伝統のアイスクリームをトッピング。


▲「銀座のあったか壷チーズケーキ 岐阜県“濃姫”」2,100円(税込)。ドリンク付き。


2種類のクリームチーズにカスタードクリームと特製イチゴジャムを練り込んだ壺焼きのチーズケーキ。濃厚なチーズの風味がイチゴの香りを包み込む。


▲「福島県 鏡石町産“ふくはる香”のスペシャルストロベリーパフェ」2,500円(税込)。


みずみずしい果肉からは強い甘みと程よい酸味が溢れる「ふくはる香」。生産農家が少なく、福島県内でも貴重な大粒のストロベリーを贅沢に使用している。


▲「奈良県 生駒郡産“古都華”のロイヤルストロベリーパフェ」5,000円(税込)。


奈良県のオリジナル品種「古都華」は、甘い香りと溢れる果汁、濃厚な甘みと酸味が特長。ソースとアイスクリームにも古都華を使用し、華やかな味わいに仕上げている。



各地で生産されたイチゴは味も香りもさまざま。資生堂パーラーのクラシカルな空間で、真っ赤に輝くイチゴのおいしさを体感する、贅沢なティータイムを過ごしてみては。

資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3階
問い合わせ:03-5537-6231 ※予約不可
営業時間:11:00〜20:00(L.O.19:30)
※通常時は火〜土11:00〜21:00(L.O.20:30)、日・祝11:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日:月(祝日は営業)、年末年始
Webサイト:https://parlour.shiseido.co.jp/?rt_pr=pl348

2021こだわりの苺フェア 第二弾
開催日:2021年2月2日(火)〜2月28日(日)


source:PR TIMES