▼あわせて読みたい

旅行カバンおすすめ12選!1泊に最適なものから、機能的なサブバッグまで


ニューヨーク在住の旅をこよなく愛する夫婦によって2017年にスタートしたトラベルブランド「Nomad Lane(ノマドレーン)」。耐久性のあるナイロンとビーガンレザーを使用し、現在、45カ国以上のユーザーから愛される注目のブランドが日本初上陸!応援購入サービス「Makuake」にて先行販売を開始した。



「Nomad Lane」は、世界40カ国以上を旅した経験を持つキッシュとバネッサが、旅をするなかで最高の使い心地の旅行バッグは何かを追求するためにブランドをスタート。多くのユーザーからの調査や自らが感じた最高の使い心地のバッグを追求した結果誕生したのが「Nomad Lane」のトラベルバッグだ。


旅をするうえで必要な機能を徹底的に調査し、形にした渾身のデザインで、旅の際に必要な機能をすべて満たしている。米国のクラウドファンディング「INDIEGOGO」でも2億円以上の支援額を達成した実績を有する。



「Nomad Lane」は、細かく用途別に作られた計17のポケットを配置し、バッグの中身が一目瞭然。最大15インチのパソコンが収まるクッション性のあるポケットからUSBポート、シューズポケット、ウォーターボトルストラップなど、必要なポケット過不足なく装備。ビジネスからプライベートまであらゆるシーンで活躍する。本体は840デニールのナイロンを使用し、耐久性と撥水性に優れているため、長い間、旅のお供として使えるだろう。



ネイビーとシルバージッパーとブラックとブロンズジッパーのモデルの2色を用意。バッグの前面にはペンやキー、小銭、パスポートが入る細かなポケット。USBポートも内蔵されている。


▼あわせて読みたい

旅行カバンの選び方を徹底解説|日帰りでも長旅でも、最高の相棒を見つける方法



きちんとしたフォルムと使い勝手のよい多機能ポケットにより、旅行にも出張にも活躍する「Nomad Lane」。24Lと必要なものが十分入る容量なので、週末の国内旅行やロードトリップにも最適なサイズ。モダンでシンプルなデザインはTPOを問わずにマッチするので、このバッグひとつあれば安心だ。


▼あわせて読みたい

旅に便利な持ち物20選!荷物をなるべく少なく快適に、旅に役立つグッズを紹介




「Nomad Lane」のメインコンパートメントはスーツケースのように180度開くので、セキュリティチェックの際に中の荷物を出すのもラク。また、日系、米系エアラインが定める国内線・国際線の機内持ち込み可能な大きさとなっている。座席の下にもフィットするサイズなので、飛行中にわざわざ席を立って荷物を上の棚から取り出す必要がない。背面にはスーツケースにバッグを固定できるキャリーオンスリーブ付き。旅行中の移動もストレスなく、スムーズに行える。


リモートワークが普及した昨今、旅をしながら仕事をするワーケーションも当たり前の時代がやってきている。都会をエスケープして、自然のなかでリフレッシュしつつ仕事をこなす、そんなニューノーマルな時代のライフスタイルにもマッチするバッグといえるだろう。

Nomad Lane(ノマドレーン)
先行販売価格:21,000〜45,500円(税込)※プロジェクト終了は2021年6月15日(火)予定
サイズ:1162×472×1203mm(折りたたみ前)、1167×472×534mm(折りたたみ後)
タイヤ:10インチ
容量:24L
サイズ:44×20×25cm
重さ:1.3kg
素材:840デニールナイロン、ビーガンレザー
付属品:ショルダーストラップ、洗面具用ポーチ、ガジェット用ポーチ、シューズケース(2袋)
発送:2021年9月末頃発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/nomad_lane


source:PR TIMES