▼あわせて読みたい

たった1秒で完成する焚き火台が登場!火加減を調整できる絶妙な傾きで、薪の追加も簡単


アウトドア用品の販売、自社製品の開発を手掛ける「スパーキークリエイト」のオリジナルアウトドアブランド「High Camp Go!!」から、
キャンプに新たな楽しみをプラスするファイヤーギア「Bonflame(ボンフレイム)」が発売される。クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて先行販売が開始された。



「Bonflame」は、ドラフト効果(煙突効果)を利用し、少量の燃料で高い火力を生み出すことができる高い燃焼効率が特徴だ。薪だけでなく、木の枝や松ぼっくりなどの身近な材料を使って高火力が得られることから、キャンプでの使用はもちろん、非常時の備えとしても役立つ。



ドラフト効果(煙突効果)を利用した道具として知られるロケットストーブ。東日本大震災の時には、電気・ガスなどのライフラインが止まっている状況の中で、簡単に火が起こせて、暖がとれ、調理器具としても使える道具として活躍した。


ロケットストーブを災害時の備えの道具だけにするのはもったいない、もっとこの楽しさを多くの人に体験してほしい、との思いから「Bonflame」は誕生。ロケットストーブの便利さに、キャンプでもっと使いたくなるデザイン・サイズ・携行性・機能性をプラスした新しいファイヤーギアだ。


▼あわせて読みたい

防水性能に気圧表示、コンパス機能まで!キャンプやトレッキングもおすすめの登山時計12選を大公開



「Bonflame」は薪や木の枝がとても良く燃えるが、これは煙突を利用した構造になっているから。ドラフト効果とは炎であたためられた空気が煙突に入ると外気との温度差によって浮力が高まり、強い上昇気流を生み出す現象のこと。


上昇気流で温かい空気が煙突に吸い込まれていくと、投入口からはドンドン空気が入ってくるので、常に空気を送り込んでいるような状態になる。これにより、温度も上昇、煙突からゴーっと勢いよく炎が吹き出す。



「Bonflame」が生み出す強力な火力は、キャンプクッキングにも最適。煙突上部には鉄板などがおけるように五徳が付いていて、肉を焼いたりお湯を沸かしたり、煮込み料理もこれひとつで楽しめる。



サイズはH46cm×W36cm×D12.3cmと、ソロキャンプにもちょうどよいサイズ。分離組み立て型で収納・持ち運びも楽で、煙突はボディ内にぴったりと収納することができる。



「Bonflame」のボディ、天板、投入口プレートには、厚さ1.5mmの極厚のステンレス材を採用。強靭なスペックで炎の高温にも耐え変形する心配はない。板厚を薄くすることで軽量化は可能だが、すぐに曲がったり熱で変形してしまったりするギアでは長く使い続けることが出来ない。使い込むほどに風合いが増すステンレスを用いることで、一緒に時を刻むことができるアイテムに。


▼あわせて読みたい

鋳物なのに軽くて薄い鍋なら、キャンプにも持っていける!コンパクトで本格料理も作れる



ボディの平板に空いた八角形の穴に、丸い煙突を差し込んで使用する「Bonflame」。この方法だとボディと煙突に隙間ができてしまうが、そこから煙は漏れず逆に吸気口となって、より燃焼を促進する秘密が隠されている。この“八角形の穴を介して平板に煙突を立てる固定方法”と“隙間を二次エアーの吸気口とし、二次燃焼を促進するアイデア”は特許を取得している。



コンパクトなボディながら、特許取得の構造で勢いよく立ち上る炎を作りだせる「Bonflame」。単に火を眺めるだけでなく、料理をはじめさまざまな使い方によって炎で遊べ、新たなアウトドア体験を演出してくれる。また、使い込むほどに味わい深くなるボディは、まさに一生モノのアウトドアギアと言えるだろう。

Bonflame(ボンフレイム)
先行販売価格:26,796〜49,416円(税込)※プロジェクト終了は2021年5月31日(月)予定
サイズ:組立時H46×W36×D12.3cm、収納時H12.5×W36×D12.3cm
重量:約2.6kg
耐荷重量:約3kg
材質:ステンレス鋼
発送:2021年7月頃発送予定
Webサイト:https://greenfunding.jp/edgedmarket/projects/4585


source: PR TIMES