機能性と美しさを追求する高級車ブランドLEXUSが提案するライフスタイルカフェ「INTERSECT BY LEXUS-TOKYO」では、2021年のバレンタインに向けて、2人のクリエイターの才能を融合させた新たなチョコレートを発表した。



デザインやファッション、音楽など、上質なカルチャーを発信する「INTERSECT BY LEXUS-TOKYO」は、感性豊かな人たちの憩いの場。そのINTERSECTが注目したのは、チョコレート技師の蕪木祐介氏と、プロダクトデザイナーの宇南山加子氏という2人のクリエイターだ。


素材や製法を大切にする2人の考え方に共鳴し、今回のスペシャルコラボレーションが実現。コロナ渦で増えた「おうち時間」を楽しめるようにと、テイクアウトのチョコレートを開発した。


▲板チョコレート&トレイセット 4,500円(税込)。


INTERSECTで過ごす時間をイメージし、蕪木氏が開発したオリジナルのミルクチョコレート「薫(くん)」。ローストしたナッツのような芳醇な香りとビターキャラメルのような香ばしさを感じるコクのある味わいだ。


この板チョコにあわせ、宇南山氏は銅製のオリジナルトレイを制作。銅板を叩き延ばす鍛金(たんきん)という技法で作られており、表面にうっすらと残る凹凸が温かみのある雰囲気を演出してくれる。


▲ホットチョコレートクラム&ウィスクセット 4,500円(税込)。


「薫」で作ったホットチョコレート用のチョコレートクラム(2杯分)と、銅メッキを施した特製ウィスク(泡だて器)のセット。古くから品質の良い銅製品を生み出してきた新潟・燕三条の技術で仕上げたウィスクは、線材の太さや本数にまでこだわり抜いており、手にしっとりと馴染む。


▲ホットチョコレートドリンク 1,000円(税込)※期間・数量限定。


INTERSECT店内でも、蕪木氏がブレンドした「薫」を使用したホットチョコレートを限定で販売。気鋭のチョコレート技師として注目されている蕪木氏の才能をゆっくりと堪能できる。


モノづくりに情熱を傾けるクリエイターが生み出した2021年の限定セット。店頭で購入して自宅で心安らぐバレンタインのひと時を楽しんではいかがだろう。

INTERSECT BY LEXUS-TOKYO
住所:東京都港区南青山4-21-26
電話:03-6447-1540
営業時間:9:00〜23:00(L.O.22:30)※新型コロナウイルス感染症対策のため、当面の間は短縮営業中
Webサイト:https://lexus.jp/brand/intersect/tokyo


source:PR TIMES